スポンサードリンク

サンフランシスコ空港のキャセイパシフィック航空クラブラウンジ

JALの001便でサンフランシスコから羽田空港に出発するためにサンフランシスコ国際空港に昼の12時頃に到着しました。
出発は16:00のため、まだチェックインは行われていませんでした。
チェックインは12:30分からになり、殆ど待つことなくチェックインが出来ました。
この時間は全体的に乗客が少ないようでセキュリティの待ち行列は非常に短かったです。
セキュリティを通過するとラウンジの案内があります。
s_DSC_0086.jpg
ブリティッシュエアウェイズとエミレーツ航空のラウンジを除いて、すべてのラウンジは、セキュリティチェックポイントを過ぎて左にあります。
キャセイパシフィック航空のラウンジはJALのサクララウンジと同じ2階になり、サクララウンジとは反対方向です。
s_DSC_0088.jpg
キャセイパシフィック航空のラウンジは向かって左手、廊下の奥にあります。
s_DSC_0089.jpg
サンフランシスコ国際空港のキャセイパシフィック航空のラウンジはスペースが拡張されたようで、以前に利用したときよりスペースは拡大しているようです。
ただし、JAL便を利用する時間は、キャセイパシフィック航空の出発便がないせいか新しい拡張スペースはクローズされていて確認することが出来ませんでした。
最初のスペースには座席の列があり、次に部屋の壁部分に円形のイスがいくつかあります。
座席はモダンでスタイリッシュですが、この手のイスは利用する事がありません。
s_DSC_0096.jpg
次のスペースはダイニングスペースになっています。
カウンターの木製のテーブルと、小さなダイニングテーブルを備えた、カフェのような備品です。
s_DSC_0095.jpg
s_DSC_0093.jpg
このスペースに軽食と飲み物が設置されています。
s_DSC_0094.jpg
s_DSC_0091.jpg
s_DSC_0099.jpg
s_DSC_0090.jpg
この時間は利用客も全くいない状態で、食事に関しては最低限の軽食が置いてある程度で、温かい食事やオーダーする麺類などのサービスはありませんでした。
あるのはサラダなどのオードブル、フルーツのスナック菓子等でした。
飲み物は冷蔵庫の中にビールを初めソフトドリンクと水などがあり、セルフサービスの酒、ワイン、エスプレッソマシンやお茶がありました。
お茶の種類は多く、全部で10種類ほどあり、紅茶からグリーンティー、ハーヴァルティーまで揃っています。
明らかにキャセイパシフィック航空は、キャセイパシフィック航空便の出発の数時間前にフードを提供しているので、実際にフードが充実するのは午前中の早い時間と午後20:00以降になるとのことでした。
ダイニングエリアの奥にも座席のスペースがあり、最初の部屋と似ていますが、パーティションのお陰でしプライベート感があります。
s_DSC_0101.jpg
このスペースの奥にシャワールームとトイレがあります。
入り口から反対方向にビジネススペースがあります。
s_DSC_0097.jpg
座席は7席あり、それぞれにMacが設置されています。
食事に関しては、時間帯が合わないために本来のサービスは確認出来ませんでしたがキャセイパシフィック航空のラウンジで特徴となっているヌードルバーもありますので、JALのサクララウンジと比較しても時間帯が合うなら食事の内容もスペース、設備など全てにおいてキャセイパシフィック航空のラウンジが勝っていると思います。
あと、この時間帯は食事は少ないのですが利用客が全くいないので貸し切り状態でした。
混雑するラウンジがイヤであれば、この時間帯にキャセイパシフィック航空のラウンジを利用するのも良いと思いました。
ネット接続に関して速度はJALのサクララウンジよりキャセイパシフィック航空のラウンジの方が早いようです。
テキストの表示は大差ありませんが画像のダウンロード等では、大きく差異が出ました。
ネットへの接続はテーブル毎にパスワードが設置されています。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です