スポンサードリンク

ANA 国内線特典航空券のルールが一部変更になります。

ANA 国内線特典航空券のルールが一部変更になります。
2018年10月28日(日)搭乗分より
2018年10月28日搭乗分より、「国内線特典航空券」の予約期間を今までより拡大し、2ヶ月前ではなく長期に予約可能になります。
また、今までは搭乗の4日前までに予約をする必要がありましたが変更後は搭乗日前日まで新規予約や予約変更が可能になりなります。
今回のルール変更は利用者にとっては改善された内容になり、ANAの国内線特典航空券に関するルールが変更になるに従って、時期はずれるかもしれませんがユナイテッド航空などパートナー航空会社のANAを使った国内線特典航空券のルールも変更になると思います。
現状、JALは今まで通りですがANAのルール変更を受けてそちらも変わると利用者にとってはメリットが大きいと思います。
今回のルール変更は
ANA 国内線特典航空券のルールが一部変更になります。
画像は拡大できます。
予約開始日
今までは搭乗日2カ月前9:30から予約開始でしたが、変更後は運航ダイヤ期間ごとの一斉予約になります。
例えば2018年8月28日(火)には2018年10月28日~2019年3月30日までの搭乗分を特典航空券で予約することが出来ます。
旅行の計画を立てるときに最大5ヶ月先までの予約が可能になります。
新規予約・予約変更期限
今までは搭乗日4日前まででしたか変更後は搭乗日前日までになります。
搭乗当日に空港で前の便への変更
今までは空席がある場合は可能でしたが変更後は出来なくなります。
たしかJALは今までは出来ませんでしたが、先日出来るようになったと思います。
2区間で利用する場合の必要マイル数
乗り継ぎなどで利用する場合は今まで2区間用のマイル数が必要でした。
変更後は距離(マイル)によるマイル区間によって必要マイル数が計算されます。
航空券のルール
2018年7月1日購入分より、予約変更ができる航空券の有効期間が変更になります。
航空券の有効期間について
今までは発行日(購入日)およびその翌日から起算して90日間でしたが変更後は発行日(購入日)およびその翌日から起算して1年間になります。
航空券の払戻期間について
2018年6月20日以降に航空券の有効期間が満了する航空券を対象に、払戻期間を拡大します。
今までは航空券の有効期間満了日の翌日から起算して10日以内でしたが変更後は航空券の有効期間満了日の翌日から起算して30日以内になります。
当日の空港で空席がある場合は今まで変更できましたが、今後出来なくなるのがディメリットですが、その他は改善されています。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です