スポンサードリンク

マリオットリワードとスターウッドの統合内容が発表されました。②マリオットの獲得ポイント

昨日に引き続いてマリオットリワードとスターウッドのプログラム変更について、今回はマリオットの獲得ポイントについてです。
マリオットリワードに参加しているホテルに関しては今まで通りですが、スターウッドにで積算していたスターポイントはすべて1:3の比率でマリオットリワードポイントに変換されます。
統合後にマリオットリワードの発表では、新しいプログラムでは、会員は以前より平均20%多くポイントを獲得すると言っています。
マリオットのホテルに宿泊した際に1USDに対して基本10ポイントを獲得できます。
その他に会員レベルに応じたボーナスポイントがもらえます。
今までのマリオットリワードでは
ベースメンバーは1USD当たり10ポイントを獲得
シルバーメンバーは1USD= 12ポイントを獲得
ゴールド会員は1USD= 12.5ポイントを獲得
プラチナ会員は1USD=15ポイントを獲得
変更後は
ベースメンバーは1USD=10ポイントを獲得する
シルバーメンバーは1USD= 11ポイントを獲得する
ゴールド会員は1USD=12.5ポイントを獲得する
プラチナ会員は1USD=5ポイントを獲得する
プラチナプレミア会員は1USD=17.5ポイントを獲得する
一方、スターウッドの場合は今までのポイント獲得に関しては
ベースメンバーは1USDで2スターポイントを獲得(マリオットリワードで考えると6ポイント)
ゴールドとプラチナの会員は、1USDで3スターポイントを獲得しました(マリオットリワードで考えると9ポイント)
プラチナ75泊のメンバーは、1USDを獲得した4スターポイントを獲得しました(マリオットリワードで考えると12ポイント)
このように比較すると、今までのマリオットリワード会員ではもらえるポイントはほとんど変化していません。
しかし、スターウッドの会員にとってはポイント獲得に関しては大幅に増加しています。
そして新しい会員レベル委なるプラチナプレミア以上の会員は(スターウッドの75+ナイトプラチナ会員)は以前は1USDで4スターポイントを獲得しました(マリオットリワードで考えると12ポイント)していましたが、統合後は1USDあたり12ポイントではなく、1USDあたり17.5ポイントを獲得します。
これはポイントの獲得では50%の増加になります。
統合後は、ポイント獲得に関してはスターウッドの会員が今までよりはお得な内容です。
今現在保有しているスターポイントも、これから獲得するスターポイントもきちんと活用できますので安心です。
ポイントの活用に関しては次回のブログで掲載しますが、そう考えるとスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは非常にお得なクレジットカードになります。
現在でも
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードで利用した支払いもスターポイントになります。
獲得したスターポイントは航空会社のマイルに移行できます。
その際の移行レートは1ポイント=1マイルで移行が可能です。
さらにボーナスマイルとして20,000ポイントの移行で、5,000マイルのボーナスがもらえます。
その際は20,000ポイントで25,000マイルになります。
つまり100円(1USDが100円の場合)で1.25マイルの価値があることになります。
以前のブログで記載しましたアメリカンエキスプレスのリワードプラス 海外航空会社への移行レートが改悪されることを考えるとマイルを貯めるためにはスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードが最も効率のいいクレジットカードかもしれません。
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの年会費はちょっと高いかもしれませんが様々なメリットがあります。
ゴールド会員資格を提供されるので今ならマリオットホテルのゴールド会員にもなれます。
カード継続で、毎年無料宿泊特典をプレゼント。
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード詳しくはこちら
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です