スポンサードリンク

2018年のスターウッド プラチナ資格の達成条件に関して

2018年8月にスターウッドとマリオットが統合されることに関して、変更内容が少しずつわかってきています。
来年明けに統合されるのであれば、わかりやすい部分もありますが8月という中途半端な時期なので混乱する部分もあります。
統合後のすべてのホテルに関するホテルカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数も確定したようですが、8月に3つのプログラムがひとつに統合ことにしたがってエリート会員資格の特典と、新しいホテルプログラムにおいて現状の上級会員資格がどのように移行するかも発表されています。
2018年のスターウッド プラチナ資格の達成条件に関して
スターウッドでプラチナ会員の場合はマリオットリワードのプラチナエリートになりますので、統合後はプラチナプレミアエリートになります。
来年の上級会員に向けての達成基準に関しては、スターウッドとマリオットリワード、リッツカールトンの宿泊日数が合算されて計算されます。
その宿泊回数によって2019年以降の上級会員が決定します。
そして、新しくなったプログラムで統一された基準で上級会員資格の達成を目指していきます。
ただし、今年に関しては若干違います。
マリオットリワードで上級会員になっている方は関係ありませんがスターウッドで上級会員になっている方は、今年に限って達成基準が違います。
今までスターウッドの会員は、年内に滞在(25泊)または宿泊(50泊)のいずれかに基づいてSPGプラチナステータスの資格を得ることができました。
スターウッドプログラムは、基本的に8月からマリオットリワードに統合され、名前だけになりますが、今年に限り旧スターウッド系列に宿泊することにより、今までに基準が適用されます。
つまり、同じプラチナエリート(マリオットではプラチナプレミアエリート75~99泊/年)に旧スターウッドのホテルに25回または50泊のいずれかを滞在することで資格を得ることができます。
注:
年末までにSPG、マリオット、またはリッツ・カールトンのプロパティで50泊滞在することで資格を得ることができます。
STAYSに基づいて資格を取得するには、SPGブランドで行う必要があります。
また統合される8月まではポイントはつきませんが家族ともに滞在するなど一度に3部屋を予約した際には3泊分をクレジットすることができできます。
一部ではは8月までに達成しないとスターウッドのホテルに宿泊しても達成できないと思っている方もいるようですが、期間は今年いっぱいになります。
新しいマリオットリワードではプラチナプレミアエリートになるためには75~99泊/年が必要になります。
それと比較してスターウッドの場合はチェックインベースであれば3分の1以下で達成できるので、年間50泊以上の宿泊回数を達成できない方にとっては最後のチャンスになるかもしれません。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

小さい文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です