スポンサードリンク

ANA VISA Suicaカード

ANA00001
雑誌などで掲載されていますがANAカードの中でANA VISA Suicaカードがマイレージを貯める事や利便性が高いと言われています。
残念ながらゴールドカードや家族カードなどが設定されていないのでANAスーパーフライヤーズカードとして利用することは出来ません。
このカードはANAカードに、JR東日本の電子マネー「Suica」が搭載されたVISAプラチナ・カスタマーセンターを設置ブランドの「ANA VISA Suicaカード」のみの対応になります。
ANA VISA Suicaカードの内容は
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました

ANA VISA Suicaカードの使用面でのメリットは、ANAのチケットレスサービス「SKiP」と、JR東日本の電車の利用や買い物に使えるSuica機能の両方を1枚のカードで使えることがあります。
Suicaに関しては
あらかじめANA VISA SuicaカードのSuica部分にチャージが必要。
使用できるエリアは
首都圏エリア(PASMOご利用可能エリアを含む)、
仙台エリア、
新潟エリア、
JR東海のTOICAエリア、
JR西日本のICOCAエリア
において、IC乗車券として利用できます。
オートチャージサービス に対応して自動改札機を通って改札内に入場する際に、チャージ残高が一定額以下になると、あらかじめ設定した金額がクレジット決済で自動的に入金(チャージ)されるサービスがあります。
貯まったポイントをANAのマイレージに移行するのは他のANAカードと同様になります。
その他そのポイントをSuicaにチャージすることも出来ます。
会費も初年度年会費無料になり翌年度以降もマイ・ペイすリボを申し込むと788円になります。
Edyも使えますが、他のANA VISAカードと同様チャージに関してのポイントはつきません。
使用範囲や使える電子マネー、ポイントの移行先の多さ、年会費など使用するエリアや使い方が合っていれば非常にお得なカードになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です