スポンサードリンク

アメリカン航空のAAdvantage 上級会員になるための内容が変更になります。

アメリカン航空のマイレージプログラムAAdvantageで上級会員になるための条件内容が変更になります。
変更は2019年1月1日から
アメリカン航空は、2019年1月1日からを対象としたAAdvantage上級会員プログラムの変更を発表しました。
変更内容は
アメリカン航空で利用する上級会員資格の金額が変更
エグゼクティブプラチナステータスのエリート資格でアメリカン航空で利用した金額を元にしたドル(EQD)要件は$ 12,000から$ 15,000に増加します。
ユナイテッド航空のマイレージプラスやデルタ航空のスカイマイルにも同じ上級会員資格をクリアするための基準として、航空会社で利用した金額を元にしている項目はありますが、アメリカ在住の会員に限定された規定で、他の国の会員は対象とはなりませんが、アメリカン航空だけは日本の会員も含めてすべての会員が対象になります。
日本円にして約135万円から170万円に基準が増加します。
獲得マイルによる特典の追加
マイル数に関して15万、20万、25万のエリート資格獲得マイル(EQM)に達する会員は追加の特典を受ける事が出来ます。
15万、20万、25万をクリアした際の追加の特典は
150,000マイル
システムワイドアップグレードが2枚
ボーナスマイルが40,000マイル
知人にゴールド会員の贈与
200,000マイル
システムワイドアップグレードが2枚
ボーナスマイルが40,000マイル
知人にプラチナ会員の贈与
250,000マイル
システムワイドアップグレードが2枚
ボーナスマイルが40,000マイル
知人にゴールド会員の贈与
基準が違っても同じ特典内容になりますが、これはそれぞれの基準をクリアした際にもらえますので250,000マイルをクリアした会員には合計で
システムワイドアップグレードが6枚
ボーナスマイルが120,000マイル
知人に1名のゴールド会員と2名のプラチナ会員の贈与
になると思います。
提携航空会社に搭乗時のエリート資格獲得マイル(EQM)の積算基準が変更
その他、ワンワールドに参加しているブリティッシュエアウェイズ/フィンランド/イベリア/ JAL に関してエリート資格獲得マイル(EQM)の積算基準が変更になります。
例えば、現在エコノミークラスのYクラスの積算率はマイル(距離)の1.5倍になりますが、変更後は1倍(そのままのマイル数)になります。
その他、他の航空会社の特典航空券を予約する際にはアメリカン航空に電話することなく、オンラインやアプリを使って予約する航空会社の数も増えていいます。
エア タヒチ ヌイ
フィジー・エアウェイズ
マレーシア航空
カタール航空
スリランカ航空
などになります。
他の航空会社も随時オンラインで予約できるようになっていくと思います。
日本の国内線を利用する際の金額が対象にならないドル(EQD)要件に関して日本の会員にとってはアメリカン航空の上級会員になるための条件はますます厳しくなります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です