スポンサードリンク

ANAのカードを2枚つくる

マイレージを貯めるときに必需品になるANAカード。
そのANAカードも何種類かあり、それぞれコンビニなどで使えるQUICPay(クイックペイ)やiDなどのポストペイ(後払い)型のサービスも対応しているカードが違います。
たとえばセブンイレブンではQUICPay(クイックペイ)、ローソンやサンクスではiDがそれぞれ対応しており、その他の店でもiDが使えるところはクイックペイが対応しておらず、その逆も多くあります。
QUICPay(クイックペイ)はJCB、iDはVISAとそれぞれ分かれているので1枚のカードですべてをカバーすることが出来ません。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました

現在、ANAスーパーフライヤーズカードのVISAを持っているのでiDは使っているのですが、セブンイレブンも頻繁に使っていますので、QUICPay(クイックペイ)を使えるカードを探していました。
普通のJCBカードは利用合計金額1,000円ごとに1ポイントたまります。
その1ポイントをANAのマイレージに移行すると3マイレージになり、ANAカードの1.000円=10マイレージと比較すると非常に低くなります。
海外で5倍のポイントがもらえるJCB Viaggio(ヴィアッジョ)なども考えたのですが、日常的QUICPay(クイックペイ)を使えるカードを探しているため、使い方が合いませんでした。
結局、還元率から考えると年会費2.100円と1 Oki Dokiポイント=10マイルのマイル交換手数料2,100円(年間/税込)がかかりますが、ANA JCBカードが目的にあっていると思います。
ANAに確認しても、2枚のカードを同時もてるようなので、早速申し込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です