スポンサードリンク

インドとパキスタンの間の紛争によるフライトの遅延とキャンセルが発生

インドとパキスタンの間の緊張は高まり続けており、軍事行動があった関係で、航空各社にも影響を与えています。
東南アジア発着の航空会社が影響を受けたほか、エミレーツ航空やカタール航空、エア・カナダなどが両国行きの運航を停止しています。
シンガポール航空やタイ航空などが運休したり経路変更をしています。

パキスタン領空でインド機2機を撃墜したことを明らかにした。
2機のうち1機は、インドとパキスタン両国が領有権を争うカシミール地方のインド支配地域に墜落。
もう1機はパキスタン支配地域に墜落したとのことです。
現在は部分的に再開されていますが、パキスタンは民間交通のために全空域を閉鎖ししていました。
航空会社も北インドを避けて運行するため、この空域制限により、特に東南アジアとヨーロッパの間のフライトのキャンセル、流用、遅延が生じています。
タイ国際航空は、代替空域が見つからなかったため、タイとヨーロッパの間のすべてのフライトをキャンセルしました。
他の航空会社は迂回ルートを使用し、遅延しています。
今回のように比較的狭い空域が閉鎖されると、他の地域に航空会社が代替ルートを見つけることができなくなるため、飛行機の運行に影響が及ぶことがあります。
民間航空機が閉鎖されたウクライナ東部で発生したマレーシア航空のような事件を回避するために、航空会社が紛争地域近くへの飛行を回避することは明らかです。
東南アジア経由でヨーロッパに向かう方や中東経由でヨーロッパに向かう方は運行状況をチェックする必要があります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です