スポンサードリンク

IHGリワードクラブインターコンチネンタルアンバサダーの朝食特典の変更

1月にインターコンチネンタルアンバサダーおよびロイヤルアンバサダープログラムの変更について詳細に説明しました。
更新 IHGリワードクラブのインターコンチネンタルアンバサダー  2019年のサービス
その中で中国に宿泊する際に朝食が新しく特典として加えられると記載しました。
その特典が若干変更になっています。

アンバサダー会員のための公表された新しい特典の1つは中国のホテルで提供される朝食でした。
しかしIHGリワードクラブは、3月1日の変更前にその特典を若干変更しました。
最初の特典は
中国での宿泊のみ(地域などは指定されていません)
無料の朝食
レストランやバーの15%割引
変更後は
無料の朝食は中国本土でのみで有効になります。
アンバサダー会員はインターコンチネンタルホテルでの朝食の対象となりますが、中国本土でのみになります。
香港のインターコンチネンタルホテルは除外されています。
香港の2つのインターコンチネンタルホテルは除外となっています。
その他とマカオや台湾にはインターコンチネンタルホテルはありませんので、対象外になります。
ヒルトンオナーズ、ワールドオブハイアット、マリオットの場合に上級会員には朝食が提供されます。
IHGリワードクラブが大手の中で唯一、特典として朝食を提供していないホテルチェーンになります。
特典としての朝食はホテルを選択するときの重視する項目の一つです。
ビジネスで宿泊する場合も家族で宿泊する場合もきちんとした朝食がサービスされているのは、お金の面だけではなくその日の仕事や観光などにとても重要なことになります。
インターコンチネンタルホテルだけではなく他のホテルブランドも(ホリディインなどは一般の方でも朝食付きです。)ラウンジがない場合には朝食の特典をつけるかウィルカムアメニティでポイントやドリンクの他に朝食も選択出来ればと思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

1件のコメント

SECRET: 1
PASS: 7a3455240c3804069edb8884c93ec593
通りすがりですが こういう情報を開示してよいものかと悩んでいたのですが
2017年度までのアンバサダ-200ドル更新の特典 (無料宿泊特典にたいして10%ポイント還元)ですが、小生はプラチナで アンバサダ-200ドルを更新を連年でしていました。7年前までは ポイント宿泊10%還元。以後は200ドル更新するたびに10%還元加算され 6年前20%還元♪ 5年前30%還元♪ 4年前40%還元♪ 3年前は正常で10%還元 2年前60%還元♪♪ 去年70%還元♪♪♪となりました。去年の11月にアンバサダ更新手続き以降のポイント宿泊の還元ポイントはなしです。ポイント購入100%おまけの時にポイントを買い インタ-コンチに泊まりまくり非常に美味しい宿泊でした。こ ひょっとして みなさんも同じ体験をされてるのかと。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です