スポンサードリンク

タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラス 2019年10月1日から大幅改悪

タイ国際航空のマイレージプログラム ロイヤルオーキッドプラスは、2019年10月 1 日からマイルの積算と特典航空券の必要マイル数に大幅な変更を加える予定であり、内容は会員に取って厳しい内容になります。
世界的な航空会社の流れに沿った変更内容になり、ファーストクラスやビジネスクラスに搭乗する方には新しいロイヤルオーキッドプラスは今まで通りの内容になります。
しかし、エコノミークラスに搭乗するか、またはクレジットカードでマイルをためる方にとっては大幅な改悪になります。

タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラスは、これまで他の航空会社と比較して特にお得なマイレージプログラムではありませんでした。
しかし、上級会員になると特典航空券の必要マイル数が50%OFFになるなどの特色があり、東南アジアによく行かれる方にとっては魅力的なマイレージプログラムでした。
しかし、今回の変更内容を見るとファーストクラスまたはビジネスクラスに搭乗しない限り、または他に自分に合ったマイレージプログラムがない場合を除き変更後は続ける必要が無いほどの内容になると思います。
変更についてのホームページはこちら
1タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラス 2019年10月1日から大幅改悪
変更後のマイル積算率はこちら
1タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラス 2019年10月1日から大幅改悪1
より高い運賃クラス(フル運賃)では、実質的により多くのマイルが得られます。
上級会員のボーナスマイルは次の通り
1タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラス 2019年10月1日から大幅改悪2
現在の特典チャートは、2019年9月30日まで引き換えが可能です。
可能な場合はオンラインで、または電話を使用して2019年9月30日以内にマイルを交換することをお勧めします。
新しい特典チャートになります。
マイル数は片道のマイル数になり、往復は2倍になります。
1タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラス 2019年10月1日から大幅改悪3
今回の変更により、上位クラスを予約した方にはより多くのマイルが加算されます。
これは、価格を考慮すると公平です。
特典チャート自体は使用内容によって評価も違うと思いますので慎重に詳細に分析し、どのような特典交換がお得かを判断する事が必要です。
具体的には、ディスカウントエコノミークラスを利用の方は、新しいチャートの値に基づいて合わない可能性があるため、代替のマイレージプログラムを探す必要があります。
東京~バンコクまでの95,000マイルのビジネスクラス往復特典航空券は全くお得感はありません。
ANAマイレージクラブは55,000マイルで同じ路線の特典交換を行っています。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です