スポンサードリンク

ユナイテッド航空のマイレージプラスがプログラム変更 特典航空券に必要なマイル数が増加

ユナイテッド航空のマイレージプラスを利用する多くの旅行者にとっては、 11月15日から始まる新しい特典航空券の必要マイル数が固定アワードチャートから変動チャートに変わることに関して衝撃を受けた方の多いと思います。
今回の変更内容はデルタ航空と同じ変動制を導入し、その時と同様に特典航空券の必要マイル数が大幅に増加することを意味するからです。
この変更の影響を完全に理解するには時間がかかると思います。
今わかっている内容を掲載します。

デルタ航空では日付によって必要マイル数が変わります。
それと同じ内容になる今回のユナイテッド航空のマイレージプラスの変更では、当然みんなが旅行を考える曜日やシーズン、日付などで必要マイル数は大幅に増加します。
実際にデルタ航空で考えた場合に、変更以前の固定チャートの時と比較すると比較にならないほどマイル数が増加しており、変更前にマイル数が少なくなる日があると伝えられていましたが、実際にはそのような日はほとんどありませんでした。
今回のユナイテッド航空の変更ではプレミアムキャビンフライトでは、日付によっては30%以上コストが上昇します。
デルタ航空の時もそうでしたが、今回の変更では変更対象はユナイテッド航空のみになり、少なくともANAを初めとするスターアライアンスの便に関してはユナイテッド航空のパートナーアワードチャートはそのままのようです。
今回の変更による影響は日本の会員よりもアメリカの会員に取っては非常に影響があると思います。
日本のマイレージプラス会員にとっては使い方の他に、今回の変更でお得な部分もあります。
①特典航空券で国際線を予約する場合にはANA便を利用する。
②今まで21日以内の特典航空券の予約には$75USDの緊急発券手数料が必要でしたが廃止になります。(11月から)
③日本国内線の必要マイル数は今のところ変更がありません。
ただし、デルタ航空でも提携航空会社のマイル数は時期がずれましたが変更になっています。
ユナイテッド航空のマイレージプラスが、変更しないという保証はありません。
ユナイテッド航空のマイレージプラスはサブとして利用している方も多いと思います。
提携クレジットカードも発行されていて、一部のクレジットカードは15%のマイルが貯まるなど人気がありました。
また、ユナイテッド航空のマイレージプラスは毎月のようにマイル購入に関してボーナスマイル付きの販売を行っています。
そういったことも、今回の変更で見直しが必要になります。
ユナイテッ航空ドがアワードチャートを変更する事に関して効果的な使い方などはありません。
ただし、変更までに十分な時間がありますので11月15日までのフライトの古い固定チャートで保有しているマイルをまだ使うことができます。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です