スポンサードリンク

ANA 国際線エコノミークラスの一部運賃を対象に座席指定を有料化

アメリカ系の航空会社ではエコノミークラスの最前列にある足下の広い座席や間隔の広いエコノミー席に関して、事前に指定する際には有料になります。
今回のANAが発表した、国際線エコノミークラスの一部運賃を対象に座席指定を有料化するのは、それと同じ趣旨かと思いますが非常口付近や窓側なども対象になっています。
有料化は2019年5月29日発券分から

予約の多い格安航空券と言われるマイルの積算率が低い航空券が対象になるようで、予約クラスによっては今まで通り無料で指定できるようです。
有料化される予約クラスはANAのウェブサイトで「Value」と表示されるVとW、S、「Super Value」のLとKになります。
マイルの積算率は50%以下の予約クラスになります。
それ以外の予約クラスと
 また、今回対象となった運賃種別以外の航空券を購入した場合や、ANAのANAマイレージクラブの最上位会員「ダイヤモンド会員」、と「プラチナ会員」は、引き続き事前座席指定が無料となるということです。
ただし「スーパーフライヤーズ会員」や「ブロンズ会員」については有料化されます。
また、特典航空券の場合には今まで通り無料で座席指定は可能です。
 ANAの発表では、運賃種別にかかわらず先着順で事前に座席指定ができることから、人気の高い座席が早期に埋まってしまうケースが多いという事です。
その為、直前に高い価格で購入した方に不公平感があるための変更になります。
非常口付近と窓側、通路側席が有料となり、窓側と通路側に挟まれた席や後方席などは、これまでと同じく無料で指定できます。
予約クラスV/W/S/L/Kの料金
日本-欧州・北米(ハワイ除く)・オセアニア
非常口付近 5,500円
上記以外の対象座席(窓側・通路側共通) 2,500円
日本-ハワイ・インド・インドネシア・タイ・シンガポール・マレーシア・
ミャンマー・カンボジア・ベトナム・フィリピン
非常口付近 5,000円
上記以外の対象座席(窓側・通路側共通) 2,000円
日本-東アジア
非常口付近 4,500円
上記以外の対象座席(窓側・通路側共通) 1,500円
理屈はわからないでもありませんが、JALの場合は格安航空券の種類によっては事前に座席指定ができずに出発の24時間前からWebチェックインの時に指定できるなど、運賃クラスによって対応を変えています。
最前列は欧米の航空会社でも行っていますので、それに準じても良いと思います。
しかし、窓席や通路席はLCCでもないのにやり過ぎと感じます。
不公平感があると言っていますが、結局一人あたりの客単価を上げるための方針としか思えません。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です