スポンサードリンク

ANAが2回目の「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」の納入を予定より早く行うようです。

ANAは、今週2番目のA380を納入し、最新バージョンの「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」のカラーリングを発表しました。
新しいエアバスA380のエメラルドグリーン「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」 は予定より早く納入されたようです。
anaA380.jpg

ANAは成田空港(NRT)とホノルル(HNL)の間で新しくA380で運航します。
ANAはハワイ線を重視していて。それぞれカラーの違うフライングホヌのA380を3台運営するだけではなく、ホノルルのダニエルK.イノウエ国際空港に最大のラウンジをオープンします。
ANAの新しいホノルルラウンジがオープン準備中
5月24日から、ANAは週3回の往復を運行し、7月1日から週10回の往復に便数を増加します。
今回の早い航空機の納入はANAが7月の予定を前倒しで6月に最も新しいFlying Honuの運航を始めることができることを意味します。
ハワイ線のA380は4つのキャビンに分かれています。
ファーストクラスは8席、ビジネスクラスは56席、プレミアムエコノミーは73席とエコノミークラスの383席で合計520咳になります。
ANAはA380サービスのため専用の機内照明、特別なアメニティキット、食事と飲み物を提供します。
新しい「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」をマイルを使って体験したい場合には、ANAや他の航空会社のマイルを使って予約するための記事を記載していますのでそちらをご覧ください。
ハワイまでマイルを使ってANAの新しいA380を予約する方法
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です