スポンサードリンク

スターアライアンスがアジアの航空便の新たにコネクティングパートナーを追加しました。

スターアライアンスは新しいコネクティングパートナーとしてタイ・スマイル(Thai Smile)を追加することを発表しました。
スターアライアンスは世界最大のアライアンスのひとつであり(加盟航空会社では最大)、その加盟航空会社にはANAをはじめユナイテッド航空、ルフトハンザ航空、TAPポルトガル航空、アビアンカ航空、エアカナダなどの航空会社が含まれています。
タイ・スマイル(Thai Smile)は2番目のスターアライアンス接続パートナーです。
2017年に中国の航空会社Juneyao Airlinesが最初のコネクティングパートナーとして追加されました。
1スターアライアンスがアジアの航空便の新たにコネクティングパートナーを追加しました。

スターアライアンスのコネクティングパートナーは、通常のスターアライアンス加盟航空会社とは異なる方法で運営します。
スターアライアンス加盟航空会社は他のすべての加盟航空会社と提携することが前提になります。
接続パートナーは最低3つの航空会社との関係を持つだけで済みます。
それでも、スターアライアンスの旅程を組んだ場合に、チェックイン時にチェックインカウンターや手荷物などの標準的な特典を受けることができます。
スターアライアンスゴールドステータスのように、タイ・スマイル(Thai Smile)エリートの特典を享受することができるようになります。
チェックイン、タイ・スマイルラウンジへのアクセスや優先手荷物配達などスターアライアンス加盟の航空会社と接続して旅程を組んだ時には利用可能になります。
Thai Smile便でスターアライアンスの航空会社のマイルを獲得して引き換えることができるかどうかは今のところ不明ですが、Juneyao Airlinesですでにそれを行うことができるため、Thai Smileでも同じようになると思います。
エアバスA320が20機しかない航空会社であるThai Smileを追加する理由は、「コネクティングパートナー」は、地域ごとに「存在する可能性のあるネットワークのギャップを埋める」のに役立つと述べています。
Thai Smilesが完全に統合されると、Star Allianceネットワークに新たに11の目的地が追加されることになります。
スターアライアンスはすでに194カ国に1,300以上の空港があります。
Thai Smileは、より大規模なタイ国際航空の完全子会社であり、スターアライアンスの加盟航空会社でもあり、より広範なルートネットワークで運営しています。
Thai Smileは、低コストの航空会社としてブランド化されており、バンコクの主要拠点の中で、タイ国内国内線、およびミャンマー、中国、インド、台湾、香港などの国際線サービスを提供しています。
実際のサービス開始はまだ先のことになりますが、こういったスターアライアンスのコネクティングパートナーを増やすことで、さらにネットワークは拡大していきます。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です