スポンサードリンク

2019年の航空会社のエリートステータスマッチおよびチャレンジオプション

航空会社のステータスマッチ

空の旅をより快適でお得なサービスを受けられる上級会員。

アップグレード、ラウンジへのアクセス、優先搭乗、無料の座席指定、手荷物の個数や重量の特典 などは、上級会員の特典のごく一部で、上級会員を持っている会員は全体のごく一部、または特定のクレジットカードに入会した場合に特典として与えられます。

ほとんどの航空会社で上級会員になるためには同じ航空会社や提携してマイルと上級会員資格に必要なポイントをもらえる航空会社を利用して年間に相当な金額を使って上級会員になることができます。

ただし、これらの要件を回避する方法、または期限切れになる可能性があるステータスを利用して別の航空会社の上級会員になる方法があります。

これは、今年も半ばを過ぎた時点で、現在保有しているのと同じエリートステータスを維持できない可能性がある方やクレジットカードで上級会員になれたが、他の航空会社がメインの方などに役立ちます。

今回は、ステータスチャレンジや単純なステータスマッチを利用して、エリート特典を利用できる航空会社をまとめてみたいと思います。

準備と注意事項

ステータスチャレンジを正常に完了したりステータスマッチを取得したりするために、まず両方の基本原則を説明します。

ステータスが一致すると、航空会社は、他の航空会社のプログラムですでに獲得したステータスに基づいて同等またはそれ以下のステータスを提供します。

一致する航空会社は、通常、会員カードの表裏の写真と最近の活動を示すマイレージステートメントのスキャンをメールなどで添付して、ステータスを証明します。

ステータスチャレンジは、必ずしも他の航空会社の上級会員を必要としない場合があります。

航空会社は、特定のエリート層に達成するために、特定の期間内に獲得する必要のあるエリート適格マイル数や搭乗回数を指定します。

その場合には上級会員の各層に到達するための個別の条件を設定します。また、課題によっては、課題期間中に一時的な地位を享受できるものもあります。

2019年の航空会社のエリートステータスマッチおよびチャレンジオプション
デルタメダリオンステータスチャレンジの要件。

チャレンジ中に注意することは、エリート資格に達するマイルと航空会社に支払った金額をもとにエリート資格が達成しますので、チャレンジの期限に間に合わないこともあります。

デルタ航空は今の所、日本の会員には支払い金額に基づく上級会員資格はありませんが、アメリカン航空は導入しています。

たとえば、クレジットカードから移行したマイルは上級会員資格には関係なく、チャレンジの要件にもはカウントされず、予約された特定の航空会社のチケットの基本料金のみがエリート資格のあるドルにカウントされます。

また、エリート資格のあるマイルは通常、提携航空会社のフライトでは異なる方法で計算され、これらのチケットは上級会員に必要なポイントが少なかったりします。

一つの航空会社だけを利用する場合は簡単ですが、提携会社を含めると複雑な計算が必要になりますので、チャレンジ戦略を計画するときには必ず二重および三重チェックしてください。

チャレンジでの注意点:

  • ほとんどのステータスチャレンジとステータスマッチは1アカウントにつき1生涯に1回に制限されています(Unitedは注目すべき例外で、5年に1回の対応)。
  • ステータスマッチやチャレンジの時期は6月以降にクリアできるように計画を立てる。
    その場合は残りの半年間と、翌年のステータスを維持できる(ただし、航空会社によって若干のちがいがありますので確認が必要です)。
  • 航空会社の合併や買収すると、ステータスマッチやチャレンジは影響を受けます。また、チャレンジした航空会社以外も上級会員になれるチャンスかもしれません。

航空会社は常にステータスマッチ/チャレンジを公表しているわけではないので、一般的な「お問い合わせ」アドレスへの電話やメールが必要です。
公式ステータスマッチプログラムが一般公開されていないプログラムの場合、ステータスマッチの内容が他の方とは違う可能性があります。

日本の航空会社は基本的にステータスマッチやチャレンジはありません。
ヨーロッパや中東の航空会社でも基本的にステータスマッチを受けていない航空会社があります。

アメリカ系の航空会社はステータスマッチやチャレンジを常に行っています。
現在のステータスマッチを調べて、主要航空会社ですぐに利用できるチャレンジを見てみます。

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空は常時ステータスマッチを行っています。
ただし、内容的には厳しく、ほとんどのステータスマッチはキャセイパシフィック航空のマルコポーロクラブのシルバー会員になります。
シルバー会員の場合は、これからキャセイパシフィック航空をメインに利用しようと考えている方以外はメリットはありません。

エア・カナダ

エアカナダのエアロプランプログラム(および直接エアカナダ)に連絡を取り、利用可能なステータスマッチまたは利用可能なチャレンジを確認すると、チャレンジプログラムがあるようです。

「Aeroplanのエリートステータスマッチ」への90日間チャレンジについて
資格情報をstatus.match@aircanada.caに電子メールで送信してください 。

対応してもらえたら、チャレンジの場合の条件は

  • 高度エリート50k:18,500 AQMまたは18 AQS
  • 高度エリート35k:13,000 AQMまたは13 AQS
  • 高度エリート25k:9,250 AQMまたは9 AQS

アラスカ航空

アラスカ航空はまだ他の航空会社からの上級会員に完全な一致を与えている数少ない航空会社のうちの1つです。

これには、最上位のMVP Gold 75Kレベルまでのステータスマッチも含まれています。リクエストを送信するには、ステータスマッチ用の専用ウェブサイトをアラスカ航空は用意しています

名前、現在の状態と現在までに年間獲得したマイルとマッチもとの上級会員の状況のスクリーンショットをアップロードします。

MVP Gold 75Kに一致した場合、MVP Gold 75Kの資格の取得に関連する50,000ボーナスマイルは対象外です。ただし、ゴールドおよびゴールド75Kとの一致には、これらのレベルに到達したときに付与される4つのゴールドゲストアップグレード含まれています。

あなたは10月1日以降にエリートステータスマッチを行った場合、アラスカ航空はその年の残りの数ヶ月が上級会員になることになりますのでタイミングには注意が必要になります。

アメリカン航空

アメリカン航空の上級会員になるためにはエリート資格のある航空会社に支払った金額とエリート資格のあるマイルの両方がAAdvantageのステータスを取得するために必要になったため、Americanはステータスチャレンジの要件も変更しました 。

ゴールドまたはプラチナステータスの公的に利用可能な挑戦はアメリカンに電話をして参加するように要請することによって可能ですが、それは前払い料金を払うことを必要とします。

また、実際には試したことがありますがアメリカのアメリカン航空に直接ステータスマッチを申し込むとチャレンジがなくステータスを手に入れることができます。

アメリカン航空のステータスマッチ

最後に、もしあなたがWorld of HyattでExploristまたはGlobalistの会員を持っていれば、プログラムとアメリカン航空の新しいパートナーシップはステータスマッチを行います。詳細についてはブログに記載していますのでチェックしてください。

デルタ航空

デルタ航空には、SkyMilesメダリオンステータスチャレンジの公式ホームページがあります。

専用ページはこちらのページになります。

このページでは、現在のステータスのスキャンをアップロードして、チャレンジの開始をリクエストできます。そこのページで、2019年7月1日以降にチャレンジに登録して要件を満たすことで、2021年1月31日までのステータスを延長することができます。

最も一般的な問題は、ゴールドステータスで90日以内に12,500 MQM、プラチナステータスで90日以内に18,750 MQMを取得することです。

エミレーツ航空

エミレーツ航空もキャセイパシフィック航空同様にステータスマッチに対する対応は厳しい航空会社になります。
エミレーツ航空はほとんどの航空会社をもとにしたステータスマッチではSkywardsのシルバー会員になります。

以前は条件なしにステータスマッチを行っていました。
しかし、海外の記事を読むとチャレンジになっているようで搭乗する座席によって回数は違いますが一定の回数の搭乗が必要になっているようです。

シルバーのステータスでは、対象となるマリオットの宿泊に1ドルを支払うごとに1ボーナスのスカイワードマイルを貯めることができます。単体ではそれほど意味のあるステータスではありませんが、マリオットとエミレーツ航空のパートナーシップには使えます。

ハワイアン航空

ハワイアン航空はマイレージプログラムの最上級のプラチナステータスに至るまで、ステータスマッチを提供しています。
特にアメリカ系の航空会社の場合はステータスマッチの申請が簡単にできます。

ステータスマッチのリクエストのために、ハワイアン航空はこのページに提出することができます。

その際に必要なものは2つ

現在のエリートステータスの証明と、フライトの状況を提供します。

ユナイテッド航空

アメリカン航空およびデルタ航空の上級会員は 、マイレージプラス プレミアステータスチャレンジに対するチャレンジの資格リストに記載されています。

一見するとアメリカ系の航空会社にのみ対象を絞っているように見えますが他の航空会社の上級会員も資格があると報告されています。
必要なフライトによるマイルを達成しなければならない90日間は設定された上級会員と同じステータスが与えられます。

プレミア1Kに一致させるステータスマッチは公式には発表されていませんが、  2018年にはプレミア1Kにも対応していたようです。

デルタ航空のように、今はユナイテッド航空のチャレンジを始めるのに最適な時期かもしれません。
今すぐ登録して要件を満たすことができる場合は、2021年1月までのステータスを維持することができます。

まとめ

上記のプログラムに加えて、エールフランス/ KLM、コパ航空、カンタス、エティハド航空などはステータスマッチを行っていました。

航空会社は通常、ステータスマッチやチャレンジによって優良顧客を取り込むことを考えています。
しかし、利用者にとってはこれらの機会から上級会員の特典を利用することができますのでチャレンジに取り組むのはメリットが大きいと思います。

そうは言っても、申請する前にステータスマッチまたはチャレンジのすべての条件を理解していることを確認し、資格情報を提出する前に要件を満たすことができることを確認してください。

を提供し、ラウンジへのアクセスや手荷物の収容量を増やすことができる、海外の航空会社とのステータスマッチの確認や機会を常に確認しておく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です