スポンサードリンク

ハワイアン航空、東京羽田への新フライト計画を発表

ハワイアン航空

ハワイアン航空は来年3月に東京羽田空港への新たなフライトを開始する予定です。

ホノルル(HNL)空港と羽田(HND)空港間のハワイアン航空の新フライトは、5月に米国運輸省によって暫定的に授与された今回の路線は毎日運航する予定です。

正確な運行時期に関しては規制当局が決定するまで設定することはできませんので未定になります。

この増便で提携航空会社である日本航空(Japan Airlines)を利用して、国内線への接続が拡大されることで、さらに便利になります。

現在の羽田空港のフライトはホノルル行きの便は日本時間の午後9時20分と午後11時55分に羽田空港を出発します。

ホノルル発は現地を午後4:05と午後6:40に出発します。

成田空港よりも東京都心へのアクセスが便利な羽田空港へのフライトは、日米オープンスカイ協定の下で制限されていますので制限があります。

ハワイアン航空は現在羽田空港で1日1回と夜間1回の頻度で運行されています。ホノルルから週11便、コナ(KOA)から週3便を運航しています。

日本からハワイの路線は競争が激しくなっています。

ANAは5月にホノルル – 成田間のフライトでエアバスA380を導入しました。

そしてハワイアン航空は5年間の休止期間があった福岡(FUK)間のフライトを11月にサービスを再開する予定です。

今後は日本航空との提携を強化して、スケジュールと運賃の調整、およびフライトの共同販売を含む、2つの航空会社が基本的に日本とハワイ間の1つの航空会社として機能することを目指すことになると思います。

ハワイアン航空は羽田空港への新しいフライトを受け取る唯一のアメリカ系航空会社ではありません。

アメリカン航空はダラス/フォートワース(DFW)とロサンゼルス(LAX)行き。

デルタ航空は、アトランタ(ATL)、デトロイト(DTW)、ホノルル、オレゴンのポートランド(PDX)、シアトル(SEA)の5つのフライトを運航しています。

ユナイテッド航空はシカゴオヘア(ORD)、ロサンゼルス(LAX)、ニューアークリバティー(EWR)、ワシントンダレス(IAD)間のフライトになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です