スポンサードリンク

プライオリティパスでレストランの食事を無料でする方法

プライオリティパス

世界中の1,200以上の空港ラウンジにアクセスできるプライオリティパス(Priority Pass)は、非常にネットワークが充実しています。

プライオリティパスのプログラムは塚のサービスとしてスパのマッサージが延長になったり、ショッピングで割引を受けられるオファーや空港内の特定のレストランを利用できるサービスを追加しています。

これにより、プライオリティパスの会員はサービスの一部としてレストランを楽しむことができます。

プライオリティパスは世界中にレストランラウンジを追加して、アメリカをはじめ世界各国に対象レストランがあります。

やはりアメリカが多くアメリカの20カ所の空港に29の対象レストランがあります。

レストランによって若干の違いがありますがこれらの各レストランは、ゲストごとに28-34ドルの範囲の飲食代を無料で提供しています。

現在プライオリティパスプログラムに含まれているすべての空港レストランのリストを以下に示します。

レストランに加えて、ポートランドのハウススピリット蒸留所(PDX)で、酒1人あたり28ドルを獲得できます  。

また、アメリカのレストランを利用する場合には、このほかにチップが必要になります。

チップの額はだいたい20%程度なので利用の場合は1人あたり約6ドルから7ドルになります。

アメリカ以外のレストランとして

国際空港のプライオリティパスレストランのリストは次のとおりです。

 

大阪関西国際空港の「ぼてぢゅう」

大阪関西国際空港の「ぼてぢゅう」に関しては大阪関西国際空港のターミナル3階にあり、保安検査前のエリアになりますので一般の方も利用しています。

場所は3階のレストラン街の一画にあります。

ページはこちらになります。

KIX1D-8646.jpg

これらのレストランをプライオリティパスで利用するには

とりあえず、プライオリティパスでレストランを今後も利用したい場合には楽天プレミアムカードのプライオリティパスを考える必要があります。

プライオリティパスの利用額はどのレストランも3,000円以上になります。

楽天プレミアムカードなら年会費が10,800円(税込み)なので3回分の利用になります。

今後もサービス内容が変わる可能性はありますが、プライオリティパスでレストラン利用を考えている方は楽天プレミアムカードを検討してもいいと思います。

楽天プレミアムカードに関して詳しくはこちら

プライオリティパスはアメリカンエキスプレスカードでも付帯特典として発行することができます。

しかし、残念ながらアメリカンエキスプレスカードは8月1日から「ラウンジ以外のレストランへの無料アクセス」を中止しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です