スポンサードリンク

本日終了 ブリティッシュエアウェイズ Avios購入45%ボーナスキャンペーンで

本日終了 ブリティッシュエアウェイズ Avios購入45%ボーナスキャンペーンで

ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブクラブ Avios購入で45%ボーナスAviosキャンペーンを行っていましたが、本日終了になります。

キャンペーン期間は2019年8月18日まで

ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブは、2019年8月18日までに45%のボーナスAviosを獲得できるキャンペーンを行っていました。

ブリティッシュ・エアウェイズは、この販売のために購入できるAvios購入数を200,000Aviosに上限が変更になっています。

 

ブリティッシュ・エアウェイズは、年間100,000Aviosが上限になるAvios購入を、このキャンペーンでは購入できるAviosを200,000(ボーナスAvios込みで最大290,000Avios)に拡大しました。

ブリティッシュ・エアウェイズのWebサイトこのキャンペーンにアクセスできます  。

ブリティッシュ・エアウェイズAvios購入はこちら

 

このキャンペーンは、会員の住所によってボーナスポイントの割合が違うようですが、日本では45%のボーナスAviosになります。

ボーナスポイントの割合は購入Aviosによって違います。

  • 1,000〜15,000 Aviosを購入または贈与し、20%のボーナスAvios
  • 20,000〜35,000 Aviosを購入または贈与し、30%のボーナスAvios
  • 40,000 – 90,000 Aviosを購入またはギフトと35%のボーナスAvios
  • 100,000 – 200,000 Aviosを購入または贈与し、45%のボーナスAvios

 

 

200,000Aviosを購入した場合のボーナスAviosは100,000Aviosになり、合計して290,000Aviosになります。

購入金額は日本円で約60万円になります。

ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブクラブのAviosの場合、日本の国内線はJALを利用できます。

片道4,500Avios

往復9,000Avios

で利用できましたが、2019年5月30日から変更になっています。

2019年5月30日からほとんどの提携航空会社の特典航空券に必要なAviosを変更しました。

対象にはJALも含まれていると記載しましたが、その後の発表で日本国内線で影響を受けました。

IMG_20170925_185449.jpg

今回の変更で提携航空会社の特典マイル数が変更になりますが、その傾向は短距離のフライトほど増加率が多く、長距離になるに従ってほとんど変わらなくなります。

問題なのは日本国内線が対象になるゾーン1といわれる1~650マイルまでの(東京からほとんどのフライトをカバー)が現状の片道4,500Aviosから6,000Aviosに変更になるようです。

増加率は約33%となり、往復で12,000Aviosが必要になります。

このAvios数ではJALやANAのディスカウントされた特典航空券に必要なマイル数とほぼ同じになります。

それであれば、わざわざブリティッシュエアウエイズのAviosにクレジットカードやホテルのポイントを移行する意味も無くなり、JALやANAのマイルを貯めた方が良くなります。

それ以外も

ゾーン2 651~1,151マイルまでの距離が

現状7,500Aviosから変更後は9,000Aviosになり、増加率は約20%

ゾーン3 1,152~2,000マイルまでの距離が

現状10.000Aviosから変更後は11,000Aviosになり、増加率は約10%

その他は増加率3%~4%程度の増加になります。

長距離での特典航空券を考えている方にとっては、それほど悪い内容にはなっていません。

しかし、日本の会員は長距離での利用ではなく、日本国内線での利用を考えている方が多いと思いますので、影響は大きいと思います。

ブリティッシュエアウエイズのマイレージプログラムの内容が変わると、当然使い方も変わります。

その事を考えてもお得に利用できる方は購入を検討しても良いと思います。

ただし、今回の購入キャンペーン期間は非常に短いので、お急ぎください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です