スポンサードリンク

ANAはニューヨークとフランクフルトへの新しいキャビンを導入

ANAのファーストクラスとビジネスクラス

ANAはニューヨークとフランクフルトへの新しいファーストクラスおよびビジネスクラススイートを運航します。

 

10年ぶりに更新されたプレミアムキャビン製品を搭載した最初の改装されたANAのボーイング777-300ERは、すでに東京(HND)~ロンドン(LHR)への路線で提供されています。

 

ANAが新ファーストクラスとビジネスクラスのスイートを発表

 

ANAは、その新しいビジネスクラスおよびファーストクラスの製品をニューヨークとフランクフルトの両方に運航する予定です。

ANA は2つのルートが新しいプレミアム製品を入手すると発表しました。

今回の新しいキャビンは今までのキャビンに比べ大幅に改善することになり、「THE Room」と「THE Suite」とビジネスクラス、ファーストクラスのそれぞれの名称にしています。

このキャビンは、2019年8月2日にNH211およびNH212便で初めて導入されました。

今回の改装されたANA 777がニューヨークとフランクフルトの両方に飛行する予定ですが正確な日付はわかりません。

今のところニューヨークの路線が2019年の冬から新しいキャビンを導入する予定になっています。

2019年の冬から、ANAは東京(HND / NRT)からニューヨーク(JFK)へのルートで新キャビンを搭載した777を導入し、その後、東京(HND)とフランクフルト(FRA)間の路線に導入される予定です。

「THE Room」

ビジネスクラスでは、正面ドアと背面ドアを交互に切り替えて、ドアを閉めることで個別の部屋のような感覚にすることができます。

ANAによると、座席の幅は現在のビジネスクラスの製品の2倍になります。

 

ANAの「The room」

 

「THE Suite」

一方、「THE Suite」では、乗客がスイート体験を期待することもできます。

ANAは、以前のファーストクラスの欠点といわれていた窓の配置などのいくつかの欠陥を解決しました。

4Kディスプレイを備えた43インチのモニターがあります。

ANAの「THE Suite」

注目すべきは、The RoomとThe Suiteの両方が完全に閉じられたスイート製品です。

ここですべてのキャビンのビデオを見ることができます:

 

更新されたキャビンは、東京行~ニューヨーク、フランクフルトが追加されると、既存のロンドン線を含めて3路線になります。

その路線もANAの中では長距離路線になり、フライト時間は往復で違いますが12時間以上のロングフライトになります。

そういった長距離路線で余裕のある座席はとても快適なフライトになるので、利用者にとっては大きな更新となります。

ANAを利用した東京~ニューヨークからへのANAの特典航空券の他に片道フライトではユナイテッド航空のビジネスクラスが80,000マイル~、ファーストクラスでは110,000マイルがかかります。

AviancaのLifeMilesなど、他のスターアライアンスプログラムの一部がより良い価値を提供する場合があることがありますので、チェックが必要です。

 

アビアンカ航空 LifeMilesでマイル購入で130%ボーナスマイルキャンペーン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です