スポンサードリンク

ロサンゼルス空港の最高級のひとつカンタスインターナショナルファーストラウンジ

ロサンゼルス空港の最高級のひとつカンタスインターナショナルファーストラウンジ

ロサンゼルス国際空港 (LAX) はターミナル毎に建物が分かれていて全部で9つのターミナルになります。

アメリカ系の航空会社以外はニュージーランド航空など一部の航空会社を除いて海外の発着便は基本的にトム ブラッドレー国際線ターミナルを使います。

日本のJALやANAが利用している国際線ターミナルになります。

トム ブラッドレー国際線ターミナルにはビジネスクラスラウンジとファーストクラスラウンジがあります。

JALの場合はワンワールドのビジネスクラスラウンジとカンタス航空のファーストクラスラウンジになります。

今回はカンタスインターナショナルファーストラウンジ

s_PA030076.jpg

カンタス航空ファーストクラスラウンジの入り口になります。

カンタスインターナショナルファーストラウンジの場所

 

カンタスインターナショナルファーストラウンジは、LAXのトムブラッドリーインターナショナルターミナルの5階にあります。

ブラッドリーターミナルに到着した場合は、セキュリティを通過した後、そこは4階になりますので1階上になります。

セキュリティを通過した後ホールに出て右手にあるメインアトリウムのエスカレーターで1階上にあがり、PF Chang’s(Priority Passで利用できるレストラン)やワンワールドビジネスクラスラウンジを右に曲がり、廊下の端で左に曲がってラウンジに行くことができます。(その途中に大韓航空のラウンジもあります)

または、セキュリティを通過してから左に曲がり、エレベーターで5階に上がり、エレベーターを降りてから右手にラウンジの入り口があります。

アメリカン航空のフライトの場合には、トムブラッドリーに行くことになります。

その場合、ターミナル4からブラッドリーターミナルまでの連絡通路を通り抜ける必要があります。

アクセス

カンタスインターナショナルファーストラウンジにアクセスできる方は以下の通りになります。

アクセスは利用者本人と同伴者ひとりまで同乗の場合にアクセスできます

  • カンタス航空便のファーストクラス利用
  • カンタス航空のプラチナワンまたはプラチナフリークエントフライヤーであり、フライト便はカンタス航空またはOneworldが運営・販売するフライトの方
  • ワンワールドのエメラルド(Oneworld Emerald)のフリークエントフライヤーであり、フライト便はカンタス航空またはOneworldが運営・販売するフライトの方
    例外としてアメリカン航空エリートは、メキシコシティを除く北米便のみで旅行する場合、アクセスできません
  • ワンワールドに参加している航空会社のフライトでファーストく荒らすを利用する方

ラウンジは毎日午前6時30分から午後11時30分まで営業しています。

レイアウト

エントランスデスクが遠端にある大きなアトリウムに入ります。

s_PA030077.jpg

手前のカウンターでチケットを見せて入ります。

エントランスデスクの左側にあるラウンジに入ります。長く続くラウンジに入ります。

ラウンジにはさまざまな種類の座席があります。

s_PA030078.jpg

奥行きのあるラウンジで細い長方形になり、手前がソファーやイスで奥の方がダイニングスペースになります。

いつもそれほど混んでいないのでゆったり利用できます。

これらの座席にはフットスツールがあり、ターミナルを行きかう人を見ながらくつろぎに最適です。

s_PA030079.jpg

カンタス航空のファーストクラスラウンジには仮眠スペースなどはありませんので、長椅子で仮眠をとられている方もいます。

s_PA030080.jpg

奥の方にはバーカウンターと大きめのダイニングスペース、厨房、トイレ、シャワーがあります。

ラウンジの奥深く、大きなダイニングルームがあります。

食事をしたい場合は、座って待っていると係の人がメニューを持ってきます。

ダイニングルームの片側に長いバーがあります。

ロサンゼルス空港の最高級のひとつカンタスインターナショナルファーストラウンジ

ダイニングを過ぎて奥に行くとトイレとシャワールームになります。

s_PA030081.jpg

手前が男性用トイレ、奥が女性用トイレになります。

さらに奥にはシャワールームがあり、その前にカウンターで係にシャワールームの利用を申し込みます。

ラウンジの7つの男女兼用シャワー室を提供できます。

カミソリや歯ブラシ、歯磨き粉、シャワーキャップなど、この係員からさまざまなアイテムを入手することもできます。

ロサンゼルス空港の最高級のひとつカンタスインターナショナルファーストラウンジ

シャワー室は豪華というよりも実用的です。

各室には必要なものが備わっています。

シャワー室、トイレ、洗面台、荷物棚、スツール、フック、ヘアドライヤーがあります。

s_PA030082.jpg

シャワー室は白を基調としたシンプルな内装です。

オーバーヘッドシャワーヘッドとハンドヘルドシャワーがあります。

シャワーにはシャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュが含まれ、すべてマンダリンと甘いオレンジの香りが漂っていました。

ダイニング

カンタス航空のファーストクラスラウンジにはビュッフェはありません。

代わりに季節のメニューから作りたての料理のテーブルサービスを提供しています。

前回は夏のメニューが利用できました。

s_PA030085.jpg

ダイニングメニューになります。

メニューは時間帯によって違います。

朝の10時くらいまでは朝食になります。

メニューもアメリカンブレックファーストやコンチネンタルブレックファーストやアラカルトでも依頼できます。

11時くらいからランチになり、ステーキやハンバーガー、パスタやデザート、フルーツなどを注文できます。

s_PA030086.jpg

アンガスビーフになります。

アンガスビーフは霜降りと赤身が適度にバランスのとれた牛肉なので柔らかくてジューシーです。

当然焼き方も聞いてくれるのでお好みにできます。

s_PA030087.jpg

クラッシックハンバーガー

両手で持たないと持てないほどの大きさ。

アメリカでは普通の大きさになりますが紙で包まれていないのでちょっと食べにくいです。

味は本格的なパテを使用していますので非常においしいと思います。

デザートやフルーツもおいしいのですが、ただ1点パスタは?

アメリカに行くと思いますがどこに行ってもミートボールのスパゲティがあります。

見るとおいしそうに見えるのですが、味が全くありません。

メンはソフト面よりふやけていています。

そんな感じでした。

ダイニングメニューはアメリカの料理が中心で、その点はANAなどを搭乗した際に利用できるANAファーストクラスの方が国際色が豊かだったように思います。

しかし、料理自体の味は大変良いと思います。

夜便は利用したことがないのでメニューはわかりません。

カンタス航空 ファーストクラスラウンジではソフトドリンクもバーカウンターで依頼します。

ジャスミンティーなどもあります。

何カ所かに設置してるのはコーヒーメーカーやミネラルウォーター、お茶などが用意されています。

 

全体的な印象

ワンワールドのエメラルド会員が利用できるのLAXのカンタスインターナショナルファーストラウンジと成田のJALファーストクラスラウンジまたは香港のキャセイのザピアファーストクラスラウンジと比較したいと思います。

それぞれ特徴を持ったラウンジになり、それらを利用することを楽しみにしています。

カンタスインターナショナルファーストラウンジの特徴は、注文して食事をするダイニングにあります。

フレンドリーでよく訓練されたスタッフ、最高の料理、たくさんの種類のお酒とドリンクを備えた大規模なバーの組み合わせにより、食事を常に楽しむことができます。

さらに、ラウンジの残りの部分は広々としており、さまざまな快適な座席が用意されているため、食事の前後にリラックスできます。

一方、カンタスインターナショナルファーストラウンジには、旅行者がファーストクラスラウンジに期待するいくつかの注目すべき設備が欠けているように思います。

仮眠や休憩スペース、ワークスペース、スパサービスはありません。

バスルームとシャワールームは、通常ファーストクラスのラウンジで見るよりもシンプルです。

カンタスファーストラウンジは着席形式の食事とサービスを提供していますが、いくつかのファーストクラスラウンジに求められる重要な要素が欠けています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です