スポンサードリンク

デルタ航空がチェックイン時の顔認識を拡大中 ロサンゼルスも

デルタ航空は、乗客の利便性を向上させるために生体認証の使用を拡大しています。

ハーツフィールドジャクソン国際空港(ATL)にある同社のホームベースでは、利用者はセルフサービスチェックイン、手荷物預かり所、TSAチェックポイント、国際便の搭乗など一連の搭乗までを生体認証を使用しています。

現在、デルタ航空では、デトロイト(DTW)、ミネアポリス(MSP)、およびソルトレークシティ(SLC)でも生体認証を使用しています。

今回、デルタ航空はロサンゼルス国際空港(LAX)のターミナル2で利用者が飛行機に搭乗するために、顔認識カメラの使用を導入しました。

現在、カメラはまだゲートに設置されていいるだけですが、近い将来その用途を拡大する予定です。

 

デルタ航空は、顔認識カメラの使用を拡大しています。

利用者には、新しい顔認証を使ったシステムを使用する方法と、または従来のシステムを利用してチェックインから搭乗までの手続きを行う方法が用意されています。

デルタ航空は、この顔認証システムで使われた乗客の生体認証データを保存せず、今後保存する予定もないと言っています。

このシステムの内容は、搭乗するまでの手続きの中でカメラで撮影した写真を使用して、米国税関国境警備局のIDENTデータベースにあるパスポート写真をチェックすることで機能します。

もちろん、乗客のために体験を改善するための生体認証を開始する航空会社はデルタ航空だけではありません。

日本でも出入国時の手続きを顔認証システムを導入しています。

手続きにかかる時間が短縮になったり、簡単になったりするので顔認証システムは今後、様々な形で力をする際に利用することになりそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です