スポンサードリンク

アラスカ航空のステータスマッチに関する条件が変更し、チャレンジに

アラスカ航空

アラスカ航空は日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカの航空会社の中でも評価が高い航空会社になります。

アメリカの航空会社では現在唯一の距離に基づいたマイルを採用している航空会社になります。

日本の方にとってはアラスカの限られたネットワークで、主に西海岸にネットわーをもっているので利用する機会がほとんどない航空会社でした。

アラスカ航空のヴァージンアメリカを買収したことで、ネットワークの点では少し改善されましたが、それでもアメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空と競争することはできません。

しかし、提携航空会社が多く特に日本航空と提携しましたのでマイルの積算やっ特典航空券、上級会員などの特典が相互に使えるようになり、非常に便利になっています。

アラスカ航空はアメリカ西海岸を中心に展開していますのでアメリカ国内での利用が中心となります。

なのでアラスカ航空自体の特典航空券は利用する事には日本在住の場合制限があります。

ただし、アラスカ航空のマイルを使ってJALやキャセイパシフィック航空のような提携航空会社のビジネスクラスの特典航空券を予約した場合にはお得な路線がありますのでマイル購入を考える前に路線と必要マイル数の確認が必要です。

アラスカ航空は条件なして、ステータスマッチを行っていましたが、今回チャレンジ制になりました。

アラスカ航空のマイル利用方法は

キャセイパシフィック航空のビジネスクラス 、50,000マイルでアメリカへの片道

アメリカン航空ののビジネスクラス 、60,000マイルでアメリカへの片道

キャセイパシフィック航空のファーストクラス、70,0,000マイルでアメリカへの片道

日本航空(JAL)のファーストクラス、70,0,000マイルでアメリカへの片道

一見すると、日本航空(JAL)のファーストクラスに関して日本航空(JAL)に予約するのと同じように見えますが、アラスカアワードは片道予約で無料の途中降機を認めているので、一つの特典航空券の一部としていくつかの異なる目的地を旅行の計画に組み込むことが可能になります。

アラスカ航空の上級会員にステータスマッチ

今回はアラスカ航空の上級会員に他の航空会社の上級会員がなれるステータスマッチについてです。

アラスカ航空は現在他航空会社からのステータスマッチを実施中です。

今年になってからもステータスマッチの成功例がネットで見受けられるので積極的に行っているようです。

今のところステータスマッチが終了する日時は記載されていませんが、突然終了することもあります。

ステータスマッチの対象航空会社は次のようになっています。

アメリカン航空
デルタ航空
ユナイテッド航空
ハワイアン航空
ジェットブルー航空
サウスウェスト航空
バージンアメリカ航空
フロンティア航空
エアロメキシコ
エアーカナダ

その他の航空会社もステータスマッチができたといった実例があります。

これを見るとLCCを含めアメリカ系が多くを占めていて、その他も北アメリカの航空会社になります。

またハワイアン航空は他社からのステータスマッチには消極的ですがアラスカ航空からのステータスマッチには対応しているようです。

ステータスマッチのために必要なことは他の航空会社と同じような内容です。

メールアドレスへ情報とスクリーンショットを添付して送信します。

スクリーンショット

パスポート

ステータスマッチ元の会員カードカード両面

アカウント画面の過去の利用区間や名前などが記載されている画面

メールの文面は簡単な英文でいいと思います。

その際には事前に入会していた会員番号

名前

ステータスマッチ先メールアドレス

を記載してください。

メールアドレスは

elite.flyer@alaskaair.com

申し込みを終了してから大体3週間ほどで回答があります。

ステータスマッチを行うとすると10月からは最も良い条件でステータスマッチを行うことができます。

2019年10月1日から2020年6月30日までの試合をリクエストし、3か月のチャレンジ期間内に下記の要件を正常に完了した場合、上級会員の有効期間は2020年末までになります。

アラスカの新しいステータスマッチ

現在、アラスカは他の航空会社のステータスマッチを行っていますが、ステータスマッチ後の有効期間は3か月間になります。

上級会員を延長するためには、アラスカ航空とグループ航空会社を利用して一定のフライトを完了する必要があります。

要件は、次のようになります。

  • MVP:5,000マイル
  • MVPゴールド:10,000マイル
  • MVP Gold 75K:20,000マイル

これらのマイルは、アラスカ航空、ホライゾン航空、またはスカイウエスト航空が運航するアラスカ便で獲得する必要があります。

他の航空会社が運営するコードシェア便や、アラスカのパートナーのいずれかと直接予約したコードシェア便は、これらの基準にカウントされません。

 

アラスカ航空 マイレージプランの会員レベル

アラスカ航空のマイレージプランは、基本会員と上級会員のMVPプロ​​グラムで構成されています。

MVPプロ​​グラムは、MVP、MVPゴールド、MVPゴールド75Kの3つのクラスに分かれています。

その他にアラスカ居住者のための特別なレベルとしてクラブ49があります。

基本会員

アラスカ航空のウェブサイトに無料でサインアップした後、マイレージプランのメンバーになることができます。

会員として、アラスカ航空と17の提携航空会社との間でマイルを獲得し交換することができます。

MVP

特典

50%のボーナスポイント
無料の荷物預け入れ
優先搭乗/座席
無料アップグレード

MVPのステータスを取得および維持するには、アラスカ航空に20,000マイル、または1年以内にアラスカ航空とパートナー航空の組み合わせで25,000マイルまたは30回のフライト区間を飛行しなければなりません。

MVPメンバーとして、alaskaair.comで予約したアラスカ航空便の無料アップグレードが提供されます。

アラスカ航空、アメリカン航空、デルタ航空のフライトでは、優先チェックインと搭乗が優先されます。

アラスカ航空のフライトでは、会員と同伴者は2つのバッグを無料で預けることができます。

搭乗に際してのボーナスマイルは、アラスカ航空および提携航空会社で50%のボーナスマイルと、一部の航空会社の空港ラウンジ会員割引を受けることができます。

MVPゴールド

特典

100%のボーナスポイント
無料の荷物預け入れ
優先搭乗/座席
無料アップグレード
空港でのファーストとラックの使用

1年間にアラスカ航空で40,000マイル、またはにアラスカ航空と提携航空会社の組み合わせで50,000マイルまたは60回のフライトを利用すると、MVPゴールドのステータスになります。

MVPメンバーに与えられる特典の他に、MVPゴールド・ステータスは、会員と同伴者のためのアップグレード、メインキャビンの無料プレミアム・ドリンク、 さらに、アラスカ航空と参加パートナーに対して、100%のボーナスマイルを獲得します。

他のMVPゴールドの特典には、同日の空席状況により無料変更ができます。

MVPゴールドメンバーは、マイレージプランのサービス料金および航空券変更手数料の免除も受けられます。

MVPゴールド75K

特典

125%のボーナスポイント
無料の荷物預け入れ
優先搭乗/座席
無料アップグレード
空港でのファーストとラックの使用
ラウンジへのアクセス

1年間にアラスカ航空で75,000マイル、またはアラスカ航空と提携航空会社で90,000マイルまたは90回のフライトを利用すると、MVPゴールド75Kステータスにアップグレードされます。

MVPゴールドの特典に加えて、MVPゴールド75K会員には、50,000ボーナスマイルと、アラスカ航空および提携航空会社で獲得したマイルの125%ボーナスが加算されます。

一部の空港では、エクスプレス・セキュリティー・ライン、ロンドンと上海などの目的地では4つの無料のアラスカ航空ボードルーム・デイ・パスとパートナーラウンジへのアクセスが可能です。

フライト中は、無料の機内エンターテインメントプレイヤーを利用できます。

まとめ

アラスカ航空の以前のステータスマッチプログラムは、対応している航空会社の上級会員であれば無条件でステータスマッチに応じていました。

変更後は3か月のチャレンジ期間に上級会員を維持するために改装に応じたフライトが必要になりました。

チャレンジの条件自体は、それほどむずか比い内容ではありません。

しかし、日本在住の方ではアラスカ航空自体のフライトを利用することはアメリカ国内便に限られます。

そうなると、一部の方を除いて利用する機会はないかと思います。

そう考えると、アメリカ系のアメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の方が上級会員になるためのステータスマッチは、対象の航空会社が限られますが簡単になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です