スポンサードリンク

デルタ航空のスカイマイルでマイルを交換する方法

デルタ航空

成田空港から羽田空港にすべての便が移動するので、首都圏だけではなく地方の方もちょっとは使いやすくなるデルタ航空。

日本では国内線が利用できないデルタ航空なので、同じアメリカ系のJALと同じワンワールドに所属するアメリカン航空やANAと同じスターアライアンスに所属するユナイテッド航空などと比較すると、使いかっての面で見劣りがするデルタ航空です。

デルタ航空では2015年の特典チャートの廃止により、特典航空券に必要なマイル数が非常に多くなったりする面もあり、使いづらいと感じることもあります

それを念頭に置いて、本日は、デルタスカイマイルを最適な値に引き換える方法について詳しく記載して、デルタ航空と提携航空会社の両方の特典との交換方法について説明し、マイルを商品に使用する方法について説明します。

デルタ航空便で交換

デルタスカイマイルをデルタ、デルタコネクション、デルタシャトルのフライトに交換できます。

先に述べたように、デルタ航空は特典航空券に必要なマイル数チャートを廃止しているので、希望する日の特典航空券に必要なマイル数はデルタ航空のウェブサイトで実際に検索するまでわかりません。

残念ながら、これらの価格はフライト、日付、予約人数、その他の要因に基づいて頻繁に変わります。

アメリカ国内線

 

アメリカ国内線で検索しても(ニューヨーク-JFKからシカゴ-オヘア(ORD)への片道特典フライト)日によって3倍以上の差があります。

デルタ航空のスカイマイルでマイルを交換する方法

ご覧のとおり、片道特典航空券の価格は6,000マイルから18,500マイルまでさまざまであります。

このマイル数はその日に予約できるすべてのフライトが対象ではなく、最低のマイル数になります。

デルタ航空のような変動制に関する大きなメリットの1つは、デルタ航空が片道12,500マイルの「標準」レートを下回る特典航空券を頻繁に提供することです。

アメリカン航空のAAdvantageで特典航空券を予約した場合、上記のルートを予約する少なくとも12,500マイルになります。

上記の日付のうち3つは、それらのマイル数の半分未満になります。

残念ながら、デルタ航空は昨年、特典航空券でベーシックエコノミーの展開を開始し、2019年初頭に拡大しました

そのため、低価格の特典がこのベーシックエコノミーが対象となることが多くなっています。

マイルを節約したいと考えている人にとっては素晴らしいことですが、通常では敬遠されると思います。

 

国際線

 

国際線の特にプレミアムキャビン(ビジネスクラス)に関しては、東京からニューヨークへの片道のビジネスクラスのフライトに対するこの特典航空券の検索のように、差異はさらに大きくなる可能性があります。

デルタ航空のスカイマイルについて知っておくべきこと1

特典航空券を利用できるかどうかは常に問題ですが、デルタ航空などの変動制の航空会社の場合、これらの必要マイル数の大きな違いにより、旅行期間を自由に設定できる方であれば利用価値の高いマイレージプログラムになります。

一方で休日など暦通りの旅行期間の方にはより多くのマイル数が必要となり不利になります。

上のマイル数の変動を見ると最低が85,000マイル、最高が360,000マイルとなり4倍以上の開きがあります。

最後に、搭乗日間際の特典航空券に必要なマイル数に関してデルタ航空は、他の航空会社のような発券手数料を請求しませんが、出発から21日以内に必要とされるより高いマイル数は、より多くのマイル数を必要とします。

これは、他の航空会社と比較して、デルタ航空のスカイマイルにおける大きな欠点です。土壇場のチケットが必要な場合は、SkyMilesで検索することもありません。

スカイマイルのお得な情報に注目してください

スカイマイルを利用する最良の方法の1つは、ディスカウントキャンペーンを利用することです。

デルタ航空はこれらの取引を定期的にウェブサイトに掲載しており、エコノミークラスとデルタワンの両方でチケットを大幅に割引することができます。

 

2019年を通して、最も注目すべきものをいくつか紹介します(すべての価格は往復便の価格です)。

  • ヨーロッパまで20,000マイル
  • 国内12,000マイル
  • 日本まで44,000マイル
  • デルタワンからヨーロッパまで86,000マイル

デルタ航空は、エコノミークラスのメインキャビンとビジネスクラスのデルタワンの両方の予約に必要なマイル数に関して、マイル数を割引するキャンペーンを行っています。

キャンペーンは特定の地域とキャンペーン期間が設定されていて、その期間に利用する際にスカイマイルに多大な価値をもたらす可能性があります。

ただし、これらの割引キャンペーンは事前に把握することが難しく、アメリカ発のキャンペーンが多いため日本の会員は利用する機会が少ないと思います。

例えばニューヨークからスペインまでは往復20,000マイルで特典航空券を予約できるのでお得です。

今年だけでも、これらのキャンペーンは何度か行われており、アメリカ発になりますが南米行きエコノミークラス12,000マイルの往復便、ヨーロッパ行きエコノミークラス20,000マイル往復便、ヨーロッパ行きビジネスクラス128,000イル往復便、などがありました。

アメリカ国内線は往復11,000マイルなどのキャンペーンがありましたがキャンペーンがない場合でも、定期的にこれらのマイル数またはそれ以上のマイル数でアメリカ国内線を利用できる路線があります。

パートナー便で交換

デルタ航空のスカイマイルでマイルを交換する方法
スカイマイルを利用できるパートナー航空会社は数多くあります。

デルタ航空はスカイチームと提携しており、ヴァージンアトランティック航空やウェストジェットなどの提携パートナーも多数あります。

このためデルタ航空のスカイマイルで、世界中のさまざまな航空会社やルートでスカイマイルを利用できることができます。

デルタ航空の提携航空会社の全リストは次のとおりです。

スカイチームパートナー:

  • アエロフロート
  • アルゼンチン航空
  • アエロメヒコ
  • エアヨーロッパ
  • エアフランス
  • アリタリア
  • チャイナエアライン
  • 中国東方
  • 中国南方航空(2019年1月1日に航空会社がスカイチームではなくなりましたが、2019年12月31日までのフライトでマイルを引き換えることはできます)
  • チェコ航空
  • ガルーダインドネシア
  • ケニア航空
  • KLMロイヤルダッチエアラインズ
  • 大韓航空
  • MEA
  • サウディア
  • タロム
  • ベトナム航空
  • ia門航空

非提携パートナー:

  • エアタヒチヌイ
  • GOL航空
  • ハワイアン航空
  • マンダリン航空
  • 上海航空
  • ヴァージンアトランティック
  • ヴァージンオーストラリア
  • ウエストジェット

スカイチームを始め、パートナー特典航空券の特典航空券に必要なマイル数はデルタ航空の特典航空券と同じではありません

提携航空券のマイル数は固定です。

例えば、中国東方航空を利用して上海(PVG)からニューヨーク(JFK)までの直行便で、ビジネスクラスのフライトの場合

 

デルタ航空のスカイマイルでマイルを交換する方法

デルタ航空のパートナー航空会社の特典航空券を予約するためには、デルタ航空に電話で予約するか、デルタ航空のウェブサイトで検索する必要があります。

デルタ航空はパートナー特典航空券を表示するためにウェブサイトを強化しており、実質的にすべてのスカイチームおよび提携航空会社をオンラインで直接予約できます。

アップグレードと引き換え

スカイマイルを利用するもう1つの方法は、座席のアップグレードです。

ただし、詳細は非常に複雑ですが、最も簡単な方法は2018年の終わりから実際に行われているデルタ航空で購入済みのチケットに対するアップグレードです。

予約する際や予約後に現金を支払うか、マイルを使用してDelta.comから直接フライトをアップグレードするオプションがあります。

さらに、マイルを利用して、エールフランス、KLM、ヴァージンアトランティック航空、またはアエロメヒコ航空が運航する特定のフライトをアップグレードすることもできます。

ただし、対象の運賃クラスの必要があり、このオプションは各航空会社が運航するルートの選択に限定されているため、詳細については、マイルのあるデルタのアップグレードページを確認してください。

 

レンタカー、ホテル、商品と交換

ハイアットホテルズの写真提供

ほとんどの航空会社のマイレージプログラムと同様に、ギフトカード、Apple製品、クルーズ、レンタカー、ホテルの部屋、さらにはオークションでの体験など、フライト以外の多くのものにスカイマイルを引き換えることができます。

ただし、これらの特典は、ほとんどの場合、スカイマイルをデルタ航空またはその多くの提携航空会社の空の旅に交換する場合よりも低いマイル価値になります。

クレジットカードでエリートステータスを獲得できます。

デルタ航空のスカイマイルは、クレジットカードを持つことで上級会員になれる数少ない航空会社になります。(普通のクレジットカードでは唯一の)

アメリカンエクスプレスが発行した、デルタ航空の提携クレジットカードをお持ちの場合、上級会員のゴールドメダリオンステータスを獲得できます。

期間限定提供:デルタ航空の提携クレジットカードで最大33,000マイル


初年度は無条件でゴールドメダリオンステータスになることができます。

その後は1年間カード全体で150万円以上の利用金額を使うことができれば、ゴールドメダリオンステータスを維持することができます。

ゴールドメダリオンステータスには以下の特典があります。

航空会社のラウンジが利用できる

デルタ航空をはじめスカイチームや提携航空会社のチケットを利用する際に航空会社のラウンジを利用できる。

直接発券手数料が無料

デルタ航空予約センターやデルタ航空チケットオフィス窓口で航空券を発券する際、通常は発行手数料がかかります。
しかし、ゴールドメダリオン会員は直接発行手数料が無料となります。

優先チェックイン

専用チェックインエリアで、優先的にチェックイン
デルタ航空を利用の際やスカイチームの航空会社を利用する場合、利用座席クラスに関わらず専用のビジネスクラス、またはファーストクラス用チェックインデスクを利用できます。

優先搭乗

デルタ航空をご利用の際、優先的に機内へ案内します。
一般搭乗が始まる前に、余裕を持ってお座席への移動や機内持ち込み手荷物の収納が行えます。

優先荷物取扱い

デルタ航空をはじめとする航空アライアンスおよびスカイチームを利用の際、受託手荷物受取所にて優先的にお手荷物を受け取りができます。
また、預け入れ手荷物に関しても重量や個数がより多く預けることができます。

優先空席待ち

デルタ航空の予約時に希望の搭乗クラスに空席がない場合は、キャンセル待ちの順位において優遇します。

デルタ・コンフォートプラス

デルタ航空の一部国際線路線にて利用できる、ワンランク上の「デルタ・コンフォートプラス」に出発の72時間前に空席があれば、無料でアップグレードできます。
エコノミークラスに比べて足元が広く、リクライニング角度も大きな座席です。
さらに、頭上の荷物棚の専用スペース、および「デルタスタジオ」のプレミアムなエンターテインメントも利用できます。
この他にも、記載がありませんが優遇されることや特典があります。

得最初の3か月以内に新しいカードで購入してください。オファーの有効期限は2019年10月30日です。

ボトムライン

デルタ航空のスカイマイルはここ数年でマイル価値を低下させています。

しかし、利用の仕方を考えるとお得に利用できる方法はあります。

アメリカ国内線は、ほかの航空会社と比較しても少ないマイル数で予約することが可能で、国際線もディスカウントキャンペーンを利用するとお得に利用することができます。

他のマイレージプログラムと比較すると、実際にマイルを節約できる可能性があるため、格安の国内チケットとスカイマイルのお得な情報に注意してマイルを最大限に活用することを強くお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です