スポンサードリンク

過去2年間で若年層のクレジットカード利用が増加

ここでも紹介していますが、日経トレンディやその他の雑誌や書籍でクレジットカードの特集をよく見かけるようになりました。
実際、記事で見ましたがクレジットカードの平均所有枚数は増加傾向にあるようです。
クレジットカードの平均所有枚数は2006年の3.35枚から2008年は3.57枚に増加。
18歳~39歳の若年女性のカード所有枚数でも、2006年の調査では2.7枚だったが、今回は4.3枚の所有。
クレジットカードによる月間平均支出額も毎年増加傾向にあるようです。
提携クレジットカードの所有率も2006年から4%上昇し、クレジットカード所有者(643人)のうち提携クレジットカードを所有する人の割合は81%になるようです。
提携クレジットカードが多くなるのはポイントやマイルなどの還元率や使いやすさなど個人のライフスタイルに応じてクレジットカードを選んでいるためと思います。
この頃の記事の傾向として、前は年会費がかからないクレジットカードの特集が多く有りましたが、ゴールドカードなどの記事が多くなっていきように思います。
実際、使用頻度が高ければ、ゴールドカードなどの方が結局はお得になるケースも多くあると思います。
今後も、オンラインショッピングや電子マネーやiDなどの少額決済に使用する機会は増えるので、クレジットカードの見直しはこまめにすることが肝心になります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です