スポンサードリンク

11月からANAの新しいファーストクラスとビジネスクラスがニューヨークに運航

ANAの特典航空券

ANAは、2019年11月8日から東京-ニューヨーク路線で新しい内装のボーイング777-300ERを運航します。

便名は、東京からの便はNH110、東京(HND)–ニューヨーク(JFK)へ

一方、ニューヨークからの便はNH9、ニューヨーク-東京(NRT)になります。

ANAは今年の夏、「ザルーム」と「ザスイート」と呼ばれる新しいビジネスクラスとファーストクラスの座席を発売しました。

ザルームといわれるビジネスクラスでは、フロントとリアのワイドシートが交互にレイアウトされています。

ファーストクラスのスイートには、4Kディスプレイを備えた43インチモニターを備えた完全に囲まれた半個室タイプを備えています。

どちらの座席も完全に密閉されたドアを備えています。

新しいプレミアムキャビンを搭載した最初ボーイング777-300ERは、すでに東京(HND)からロンドン(LHR)へのルートで運航しています。

この便は8月2日にNH211およびNH212便で初めて導入されました。

ANAは今後、冬のスケジュールでボーイング777-300ERを東京/羽田-フランクフルトで運営する予定です。

ANAを利用したニューヨークから東京への片道フライトには、ANAのマイルを使った特典航空券の他にビジネスクラスでは80,000ユナイテッドマイル、ファーストクラスでは110,000ユナイテッドマイルがかかります。

AviancaのLifeMilesなど、他のスターアライアンスプログラムの中には、よりマイル価値が高い特典航空券を提供するものがあります。

また、ヴァージンアトランティックフライングクラブを使用することもできます。

このヴァージンアトランティックフライングクラブは、ホノルル(HNL)から日本へのファーストクラスの往復航空券でわずか90,000マイル、または隣接する州から110,000マイルで予約できます。

ビジネスクラス

ANAの新しいビジネスクラスの座席は「The Room」と呼ばれ、広い座席と閉鎖できるスイートドアを備えた、前面と背面が交互に並ぶ座席に変わります。

ANAによれば、これらの座席は前のビジネスクラスの2倍の幅になっています。

座席の幅と奥行きは、ライフラットモードでは、シンガポール航空のビジネスクラスの座席デザインのように、対角線上で寝ることも可能です。

座席の非常に広いデザインになっています。

扉は完全に閉じる設計になっています。

新しいビジネスクラスを導入したことで、ANAはビジネスクラスとファーストクラスの両方で個室になる世界初の航空会社になります。

 

ファーストクラス

ファーストクラスも劇的な変化を遂げました。

以前のデザインのプライバシー感はそのままに、スライド式のドアも改善されています。

「スイート」と呼ばれる座席は、着席している乗客から窓が見ずらいといった部分も改善され個室感はそのままに開放的になっています。

真ん中の席は一緒に旅行するカップルやファミリーで旅行する際に、乗客が話したり、睡眠の時には大きなプライバシーディバイダーを上げることができるようになっています。

 

4Kディスプレイ付きの巨大な43インチモニターがあります。

ボーイング777型機はまた、乗客が最初に搭乗する新しい「ウェルカムエリア」と、新しいセルフサービスのスナックバーを備えています。

プレミアムエコノミーとエコノミーキャビンは再設計されましたが、これらのシートのデザインと寸法は変更されていません。

これは4つのキャビンすべてを示すプロモーションビデオです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です