スポンサードリンク

2020年のステータスに到達した場合、今がチャレンジを検討する機会です

航空会社のステータスマッチ

毎年11月頃になると、航空会社やホテルの上級会員になったり、維持ができるのが決まった方も多いと思います。

2020年に関して既に航空会社の上級会員になっている方は、これから残りの期間で他の航空会社の上級会員にチャレンジをすることができます。

また、今の時期に上級会員になることや更新することがむずうかしい方には、今持っている上級会員を元にチャレンジを行い来年の上級会員を確保するために必要な期間になります。

ほとんどの上級会員は、多くの時間を同じ航空会社か、もしくは提携している航空会社を利用していると思います。

ただし、これらの時間を回避する方法や、まもなく期限切れになるステータスを活用して、別の航空会社に乗り換える方法があります。

一度上級会員になると、手放すことができません。

上級会員の最大のメリットは空の旅がより快適で手頃な価格になる事です。

座席のアップグレード、ラウンジへのアクセス、優先搭乗、選択すると有料になる座席を無料選択、  預け入れ手荷物の優遇などの特典は、毎年飛行する何百万人もの旅行者にとって望ましい特典になります。

それは、一部の上級会員資格を持っている少数の会員にのみ適用されます。

今回は比較的簡単にチャレンジができるアメリカ系の航空会社について考えてみたいと思います。

デルタ航空やユナイテッド航空の各ステータスマッチ(一部はターゲットにされているように見えます)を考えて、ステータスマッチが適しているかどうかを説明します。

デルタ航空

現在、他の航空会社のエリートステータスをお持ちの場合、デルタ航空は3か月間、同等のメダリオンステータスを無料で提供する事ができます。

たとえば、ユナイテッド航空のプレミアゴールドの場合、ステータスを一致させて、デルタ航空でプラチナメダリオンステータスを獲得できます。

関連:アメリカの航空会社を比較 デルタ航空について

関連:デルタ航空のスカイマイルについて知っておくべきこと

まず、資格があるかどうかを判断する必要があります。

デルタ航空は、過去3年間にステータスマッチまたは無料のメダリオンステータスを受け取っていない場合、チャレンジの資格があります。

現在、チャレンジ資格のある航空会社の上級会員である必要があります。

基本的には搭乗しないで上級会員になった場合にはチャレンジをすることはできません・

チャレンジを行うには現在有効な上級会員の会員カード(カードでもアプリなどで表示されるデニタルカード)、名前を記載し、そのステータスを達成した航空会社の搭乗履歴も求められます。

デルタ航空の上級会員にチャレンジを行うと、相応する上級会員になった後90日間の期間が与えられます。

その期間内にデルタ航空の上級会員を延長するために規定の回数か距離、その他に支払い金額をクリアすると、上級会員は延長になります。

 

2020年のステータスに到達した場合、今がチャレンジを検討する機会です

デルタ航空を通じてステータスを達成するために必要な内容は以下の通りです。

シルバーメダリオンステータスには、通常25,000個のMQMまたは30回のメダリオン資格取得セグメントと3,000ドルのメダリオン資格取得ドル(MQD)が必要です。

ゴールドには50,000 MQMまたは60メダリオン認定セグメントと$ 6,000 MQDが必要です。

プラチナメダリオンステータスには75,000 MQMまたは100メダリオン認定セグメントと$ 9,000 MQDが必要です。

チャレンジを行うことによって4分の1程度の搭乗と金額で達成することができます。

期間が1年の4分の1にあたる90日間なので、内容的には妥当なところですが、集中的に利用することによって達成は容易になります。

要件を満たしている場合、2021年1月までステータスを保持します。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空にはマイレージプラス プレミアステータスチャレンジプログラムがあります。

ホームページで確認すると、今年の応募が終了したという事で来年2020年度に内容はわかりませんが再開するように記載されています。

プレミアステータスマッチは、1月には利用可能になる可能性があります。

アメリカ系の航空会社のステータスマッチやチャレンジは人気がるプログラムで、同じアメリカ系の航空会社の場合には、ほとんどのキャリアには同じようなプログラムがあり、通常は既定の期間に必要なフライトを行うチャレンジが必要です。

たとえな90日間に一定のエリート資格マイル、セグメント、エリート資格に必要な航空会社への支払いなどをクリアして、ステータス年度の残りの期間、場合によっては次の年度を通してステータスを維持することができます。

今回は10月1日より前に登録したと仮定して、一致したステータスを維持するために、登録後90日以内にクリアする必要があるUnited Premier Status Match Challengeの条件は次のとおりです。

 

ユナイテッド航空のプレミアステータスマッチチャレンジは終了

これは、競合する航空会社のステータスを活用し、90日間にユナイテッド航空でクリアする内容になります。

ただし、今回のように年末に向けてステータスマッチやチャレンジが終了すると、2020年までユナイテッドプレミアのステータスマッチやチャレンジを計画している人にとっては大変残念な結果になります。

こういったステータスマッチは年の後半に行った方が残りの年末までの期間と来年を通して上級会員になれるため、そして90日間という内容から、10月くらいから本格的に挑戦する方が多いと思います。

2020年の初めに再びチャレンジが始まると思いますが、その時にチャレンジに応募することはお勧めしません。

その年の7月1日までにチャレンジ条件をクリアした場合、その年の残りに対して上級会員にはなれますが、次の年には延長されません。

7月1日以降にチャレンジをクリアした場合、それ以降の年度の残りの期間と、翌年のすべての期間は上級会員が維持されることになります。

来年のユナイテッド航空のチャレンジに関する内容はわかりませんが、アメリカの会員を含めて企業の従業員などを対象にいくつかのステータスマッチがあるので、それらを整理して統一した内容になることも海外のニュースでは言われていましたので、今後の発表には注意をする必要があります。

英語版になりますが、ユナイテッド航空のホームページで、この内容に関してはこちらをご覧ください、

 

ユナイテッド航空は、デルタ航空の上級会員チャレンジとは異なる興味深いターゲットを絞ったプロモーションを提供しています。

2020年のステータスに到達した場合、今がチャレンジを検討する機会です1

ニューアーク(EWR)とロンドン(LHR)の間をビジネスクラスで一定量飛行した後、プレミアゴールド、プラチナ、または1Kステータスにアップグレードするためのターゲットキャンペーンを行っています。

日本の会員にとっては大西洋間のフライトを利用することは少ないと思いますが参考までに記載しておきます。

ゴールドステータスの場合、対象とする場合、ユナイテッドポラリスビジネスクラスで 1回の対象往復を完了する必要があります。

プラチナステータスの場合、ポラリスで対象となる往復2回、

1Kの場合、対象となる往復4回が必要です。

このチャレンジには、2019年12月15日までに、対象となるユナイテッドのフライトを登録、予約、旅行する必要があります。

すべての要件を満たしている場合、2020年までステータスを保持します。

まとめ

航空会社は通常、ステータスマッチやチャレンジによって優良顧客を取り込むことを考えています。

しかし、利用者にとってはこれらの機会から上級会員の特典を利用することができますのでチャレンジに取り組むのはメリットが大きいと思います。

そうは言っても、申請する前にステータスマッチまたはチャレンジのすべての条件を理解していることを確認し、資格情報を提出する前に要件を満たすことができることを確認してください。

ラウンジへのアクセスや手荷物の収容量を増やすことができる、海外の航空会社とのステータスマッチの確認や機会を常に確認しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です