スポンサードリンク

アメリカン航空が羽田へのシフトで成田空港のアドミラルズクラブを閉鎖

アメリカン航空

アメリカン航空は、2020年3月に東京成田国際空港のプレミアムラウンジを閉鎖する予定です。

これは、日本発着のアメリカン航空のフライトを羽田国際空港に移動するためです。

成田空港のアドミラルズクラブ(NRT)は3月下旬に閉鎖になり、羽田空港(HND)には新しいアメリカン航空のラウンジは予定されていないようです。

ファーストクラスの乗客およびワンワールドのエメラルド会員はJALのファーストクラスラウンジを。

ビジネスクラスの乗客、ワンワールドのサファイヤ会員のエリートフリークエントフライヤー、およびAdmirals Clubメンバーは、サクララウンジを利用できます。

これは成田空港と羽田空港とも同じになります。

アメリカン航空は、東京の顧客にサービスを提供するために引き続きプレミアムゲストサービススタッフを雇用する、と航空会社は語った。

アメリカン航空は、羽田への毎日3便のフライトを提供します

3月には3月29日にダラス/フォートワース(DFW)への毎日の運航と、ロサンゼルス(LAX)への2便目の毎日運航のサービスを開始します。

同時に、アメリカン航空は成田での運航をダラス/フォートワース(DFW)から1日1便に減らす予定です。

アドミラルズクラブの閉鎖は、このスケジュールの結果です。

デルタ航空、ハワイアン航空、ユナイテッド航空も3月に羽田に運航便を追加します。

デルタ航空の運航スケジュールには、アトランタ(ATL)、デトロイト(DTW)、ホノルル(HNL)、オレゴンのポートランド(PDX)、シアトル(SEA)への3月28日からの毎日のフライトが含まれます。

ただし羽田に新しい約250坪(850平方メートル)のスカイクラブを開設して、顧客サービスを強化する予定です。

アメリカン航空とJALは、日本と米国の間で単一のキャリアとして運営できる合弁会社を持っています。

そのため、経費節減や効率化のためラウンジなどのサービスを縮小してJALに依頼する形になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です