スポンサードリンク

ユナイテッド航空のプレミアステータスマッチチャレンジが再開

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空のマイレージプラス プレミアステータスチャレンジプログラムの登録が昨年の10月頃に終了しましたが、再開されたようです。

終了時にホームページで確認すると、今年の応募が終了したという事で、来年2020年度に内容はわかりませんが再開するように記載されていました。

なのでプレミアステータスマッチは、1月には利用可能になったのは予定通りと言う事になります。

アメリカ系の航空会社のステータスマッチやチャレンジは人気がるプログラムで、同じアメリカ系の航空会社の場合には、ほとんどのキャリアには同じようなプログラムがあり、通常は既定の期間に必要なフライトを行うチャレンジが必要です。

たとえな90日間に一定のエリート資格マイル、セグメント、エリート資格に必要な航空会社への支払いなどをクリアして、ステータス年度の残りの期間、場合によっては次の年度を通してステータスを維持することができます。

今回は10月1日より前に登録したと仮定して、一致したステータスを維持するために、登録後90日以内にクリアする必要があるUnited Premier Status Match Challengeの条件は次のとおりです。

ステータスマッチで獲得できる最高レベルはプレミアプラチナになります。

 

ユナイテッド航空のプレミアステータスマッチチャレンジは終了

これは、競合する航空会社のステータスを活用し、90日間にユナイテッド航空でクリアする内容になります。

ただし、今回のように年明けにステータスマッチやチャレンジが始まると、2022年までユナイテッドプレミアのステータスマッチやチャレンジを計画している人にとっては大変残念な結果になります。

こういったステータスマッチは年の後半に行った方が残りの年末までの期間と来年を通して上級会員になれるため、そして90日間という内容から、7月以降から本格的に挑戦する方が多いと思います。

今回のように2020年の初めにチャレンジが始まりましたが、チャレンジに応募することはお勧めしません。

その年の7月1日までにチャレンジ条件をクリアした場合、その年の残りに対して上級会員にはなれますが、次の年には延長されません。

7月1日以降にチャレンジをクリアした場合、それ以降の年度の残りの期間と、翌年のすべての期間は上級会員が維持されることになります。

今年のユナイテッド航空のチャレンジに関する期間は明記されていないのでわかりません。

もしかしたら、年の半ばで終了する可能性もあります。

アメリカの会員を含めて企業の従業員などを対象にいくつかのステータスマッチがあるので、それらを整理して統一した内容になることも海外のニュースでは言われていましたので、今後の発表には注意をする必要があります。

英語版になりますが、ユナイテッド航空のホームページで、この内容に関してはこちらをご覧ください。

 

参考までに上級会員に関して航空会社が違いますが、こちらの本が参考になると思います。

マイレージ上級会員BOOK (ANAプラチナ、JALサファイアへの最短ルートを解説)

新品価格
¥1,609から
(2020/1/8 09:19時点)

JAL 上級会員 攻略ガイド

新品価格
¥1,408から
(2020/1/8 09:20時点)

ANA 上級会員 攻略ガイド

新品価格
¥1,408から
(2020/1/8 09:20時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です