スポンサードリンク

航空会社のライフタイム上級会員について価値はあるのか?(アメリカン航空)

アメリカン航空

航空会社の上級会員資格を取得しようとしている場合、一部のクレジットカードを取得すると特典でもらえるもの以外は基本的に1年ごとの更新になり、毎年上級会員を維持することを考えた場合は規定のマイル数や搭乗回数をクリアする必要があります。

これが、アメリカ系の航空会社が何らかの形でライフタイム上級会員を提供している理由です。(航空会社によって「ミリオンマイラーステータス」と呼ばれることが多い)

このプログラムは、同じ航空会社に何年も(多くの場合10年以上)上級会員を維持している会員に、1年間の利用に関係なく、自動的に上級会員を維持する特典になります。

上級会員が生涯にわたって維持できる事を考えると、非常に魅力的に感じますが、その資格を獲得するためには長い期間と費用が発生します。

日本の場合は事情が違います。

ANAやJALに関して、一度資格のある上級会員になり、クレジットカードに入会、維持することによってほぼ同等の特典を利用することができます。

しかし、このクレジットカードを保持していると上級会員の特典を利用できる制度は世界でも非常に珍しい制度です。

一方、多くの航空会社が何らかの形でライフタイム上級会員を提供している理由です。

上級会員が生涯にわたって維持できる事を考えると、非常に魅力的に感じますが、その資格を獲得するためには長い期間と費用が発生します。

今日は、特にアメリカの航空会社におけるライフタイム上級会員について考えてみたいと思います。

 

アメリカン航空のライフタイム上級会員

アメリカン航空生涯エリートステータスを獲得する方法

アメリカン航空は、大きな特典航空券の必要マイル数の引き上げや「ウェブ専用」価格設定の導入まで、現在も進行中ですが多くの変更行っています。

もちろん、航空会社を選択する場合はマイレージの内容だけが選択項目ではありませんが、重要な項目になります。

アメリカン航空が販売する便では飛行距離に、対象となる提携航空会社の便では加算される基本マイルに基づきます。

アメリカン航空のAAdvantage会員は、次の基準に達すると、ライフタイム上級会員を享受できます。

AAdvantageライフタイムゴールドステータス

基準は100万マイルで、ライフタイムのAAdvantage ゴールド会員を獲得できます。

特典には、40%のマイレージボーナスがあります(1ドルあたり7マイル)。

優先チェックイン、セキュリティ、搭乗。チェックイン時に無料の優先席。

最初の100万マイルを超えると、35,000ボーナスAAdvantageマイルも獲得できます。

AAdvantageライフタイムプラチナステータス

基準は200万マイルで、ライフタイムのAAdvantage プラチナ会員を獲得できます。

特典には、60%のマイレージボーナス(1ドルにつき8マイル)

予約時の無料の優先/メインキャビンエクストラシート、ワンワールドのサファイヤ会員

また、対象のフライトで有料チケットをより高いクラスの座席にアップグレードできる、年4回利用できるアップグレード(SWU)も取得します。

以後、100万マイル獲得ごと:

追加で片道4区間分のシステムワイド・アップグレード

 

アメリカン航空生涯エリートステータスの価値は?

アメリカン航空のライフタイム上級会員になることは容易ではありません。

マイル数で考えると100万マイルで到達するライフタイムのAAdvantage ゴールド会員は特典内容を考えるとメリットは少ないと思います。

また100万マイルも飛行する会員であれば、それ以上の会員レベルを維持していると思いますので、到達しても利用する機会はありません。

そういった事を考えるとマリオットのライフタイムゴールド会員と同じ感覚になると思います。

また、アメリカン航空のライフタイムプラチナ会員に関しては、ラウンジの利用や手荷物の預け入れも2個まで無料になり、大幅に特典が強化されます。

しかし、こちらも結果としてライフタイムプラチナ会員になる方は、より上位の上級会員になっていると思います。

ライフタイムプラチナ会員に関して、最上位の上級会員を維持している会員であれば10年後にミリオンマイラーステータスの資格を得ますが、現在保持しているステータスより2ラング低いステータスのライフタイムでは利用価値はないかと思います。

ある程度のステータスを持っていることは、何もないよりは確かにましかもしれませんが、プラチナステータスは旅行者の特典を考えたときに十分なほど特別ではありません。

マリオットのライフタイムゴールド会員もそうですが、低レベルのエリートステータスで利用を考えるよりも、価格と利便性に基づいて航空会社を選ぶ可能性が非常に高いです。

まとめ

ライフタイム上級会員は、航空会社の最も忠実な有料顧客に対する排他的な特典となることを目的としています。

アメリカン航空の場合、100万マイルの収入マイルを飛行しても、実際には見返りが得られません。

価格、利便性、艦隊の品質、サービスなど、本当に重要な理由でアメリカン航空を選択するなら別ですが、そういう理由がない場合には選択肢は他にあると思います。

そう考えるとANAやJALは世界的に見ると特殊ですが、利用者にとっては特典が徐々に減っていったとしても魅力的なマイレージプログラムになります。

またデルタ航空のようにアメリカンエキスプレスの提携カードに入会して、利用条件をクリアするとラウンジも利用できるゴールド会員を維持できるほうが実際の利用では費用対効果が非常にいいと思います。

 

 

2 件のコメント

  • 数年前までアメリカンはミリオンマイラー加算のマイルは航空券によるものだけでなくクレジットカード使用でのマイルやボーナスマイルの加算まで入っていたので割と簡単に200万マイル達成できてましたね。

    • コメントありがとうございます。
      アメリカン航空に限らず他の航空会社もホテルも年々上級会員になるためのハードルは上がり続けています。
      マイルやポイントの積算も少なくなり、使うときにはより多くのマイルやポイントが必要になっています。
      そういった状況では、少しでもお得になるようにキャンペーンなどのチェックは欠かせないと思います。
      また何かありましたら、コメントをください。
      よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です