スポンサードリンク

JALの新型コロナウイルス関連肺炎の発生に関する対応について

JALのホームページ新型コロナウイルス関連肺炎の発生に関する対応についてアップされています。

中国路線でANAと違って武漢への直行便はないので、今のところ欠航などは無いようです。

しかし、中国路線に関して通常では行わない事が実施されています。

内容に関しては日本航空のホームページから転記します。

日本航空より

1月24日より厚生労働省からの協力要請に基づき、咳、発熱などの症状がある、または疑いのあるお客さまについては、空港到着後、検疫官にお申し出いただくよう機内アナウンスを実施しています。

対象路線:日本-北京、大連、天津、上海(虹橋・浦東)、広州、香港線

客室乗務員のマスク着用

1月24日より出発する便の下記路線の機内では、多数のお客さまがマスクを着用されている状況に鑑み、お客さまに安心してサービスを受けていただくため、乗務する客室乗務員はマスクを着用しています。

対象路線:日本-北京、大連、天津、上海(虹橋・浦東)、広州、香港線

厚生労働省・検疫所作成の健康カードの配布

1月24日より搭乗手続カウンターにおいて、厚生労働省・検疫所作成の健康カード「中国(武漢市)で新型コロナウイルス感染症が発生しています」をお客さまに配布しています。

対象空港:北京、大連、天津、上海(虹橋・浦東)、広州、香港

  • 上海(虹橋・浦東)では配布中、そのほかは準備が整いしだい配布開始

地上係員のマスク着用

当社が就航している下記空港の地上係員については、多数のお客さまがマスクを着用している状況に鑑みマスクを着用しています。

対象空港:北京、大連、天津、上海(虹橋・浦東)、広州、香港、台北(桃園・松山)、高雄

中国地区における検疫体制強化について

中国国内において新型コロナウイルスによる感染が拡大しておりますが、中国国内を発着する日本航空運航便については正常に運航しております。

最新の運航状況につきましては、以下よりご確認ください。

なお、検疫体制強化のため、中国国内の空港では入場時に健康確認が行われている場合がありますので詳しくは各空港の案内をご確認ください。

他社運航によるコードシェア便の運航情報は各航空会社にお問い合わせください。

 

まとめ

と言った内容になっています。

これからの状況次第では、他の都市へ運行している便も欠航になる可能性があります。

本日24日からの春節(旧正月)連休に合わせて多くの中国人が国内、国外へ旅行に行きますので拡大などの懸念があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です