スポンサードリンク

新型コロナウイルスの発生に応じて全額払い戻しを提供する航空会社およびホテル

アメリカン航空

2020年1月26日の時点で、中国で発生した新型コロナウイルスの大流行により、50人近くが死亡したと報告されています。

現時点で約2,000人が感染していますが、今後数千人が感染することが予想されており、近々に収束する兆候はなく、世界中の旅行会社はアウトブレイクの封じ込めと感染の拡大を防ぐため無料のキャンセルを提供し始めています。

中国はウイルスの発生の震源地である湖北省の1,100万の都市である武漢の出入りを禁止しました。

政府も湖北省を訪問しないよう促しています。近い将来に中国を旅行する計画がある場合は、それらの計画を延期することができます。

現時点でわかる範囲でまとめてみました。

航空会社

中国のキャリア

1月21日、中国民間航空局(CAAC)  は、航空会社がアウトブレイクの防止を重視することを要求する声明を発表しました。

すでに武漢との往復航空券を購入して旅行をキャンセルしたい方は、航空会社が無料で払い戻しリクエストを請求する事ができます。

中国国内を旅行する予定がある場合は、以下の航空会社の全額払い戻しを受ける事ができます:

中国国際航空、キャピタル航空、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン、成都航空、中国航空、マンダリン航空、中国東部、中国南部、中国ユナイテッド航空、ジュンヤオ航空、ラッキーエア、海南航空、OKエア、スクート、山東航空、深セン航空、スプリング航空、スパナ航空、天津航空、ウェストエア、ウルムチエア、アモイエア。

アメリカ系

アメリカン航空

アメリカン航空の客室乗務員は、航空会社がすぐに行動を起こさないと批判しましたが、これに応じて、アメリカン航空は次の都市を往復する際に、一度限りの無料の変更を許可する事になりました。

  • 中国北京(PEK)
  • 中国上海(PVG)

これは、1月24日から2月29日までの旅行を再スケジュールでき、現在から1月31日までに旅行する乗客に適用されます。

出発地または目的地の都市を変更することはできません。

さらに、1月24日までにチケットを購入している必要があります。

または、旅行を遅らせることができます。航空会社は、1月24日までにチケットを購入し、1月24〜31日に旅行する予定で、2020年1月24日まで旅行できる限り、変更またはキャンセル料金を免除します。

元のチケットの日付から331日まで、または出発地と目的地の都市を変更したい場合。変更は2020年1月31日までに予約する必要があります。

アメリカン航空は武漢(WUH)に独自フライトを提供していませんが、提携航空会社のパートナーのChina Southernとキャセイパシフィック航空はフライトを提供しています。

1月23日から3月31日までの間に武漢を経由して、または武漢を経由して飛行する予定の場合は、完了できなかった旅行をキャンセルして払い戻しを受けることができます。

デルタ航空

アメリカン航空と同様に、デルタ航空は武漢に独自の飛行機でサービスを提供していませんが、スカイチームのパートナーである中国東方航空などがフライトを運行しています。

発生への対応として、デルタ航空は 1月24日から31日までに以下の都市を往復する旅行者に対応しています。

  • 中国北京(PEK)
  • 上海(PVG)

2月29日以前に出発するデルタ航空便の変更料金は免除されます。

また、新しい旅程には変更料金と運賃の差額が適用されますが、旅行をキャンセルし、将来のフライトにチケット値を使用することもできます。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空は、アメリカの他の会社よりも独自のフライトで中国の多くの都市にフライトを提供しています。

このため、ユナイテッド航空の対応はやや広範囲になり、以下の都市に適用されることになります。 

  • 中国北京(PEK)
  • 中国成都(CTU)
  • 中国上海(PVG)

ただし、1月22日から3月29日までの間に武漢(WUH)に発着する場合は、すべてのチケットの払い戻しをリクエストできます。

唯一の規定は、1月21日までにチケットを購入している必要があることです。

1月24日から2月7日までの旅行を予定している場合は、払い戻しをリクエストできます。

変更された料金と運賃の差額は、当初の発券済みのキャビンで旅行が再スケジュールされている限り、指定された日付以前に出発するユナイテッド航空便では免除されます

2月7日以降に出発地または目的地を変更したい場合も、変更料金は免除されますが、運賃の差額が適用される場合があります。

スケジュール変更されたすべての旅行は、チケットが最初に発行された1年以内に行われなければなりません。

日系の航空会社

ANA

武漢における新型コロナウイルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について

1.対象航空券

発券日 2020年1月21日発券分まで
搭乗日 2020年2月29日搭乗分まで
路線 成田⇔武漢線(ANA運航便)

上記条件をすべて満たすANAで発券された国際航空券*

  • 航空券番号が205で始まる航空券
  • 他航空会社で発券された航空券につきましては、ご購入された旅行会社/航空会社にお問い合わせください。

2.航空券の払戻し(特別対応)

対象航空券をお持ちのお客様は、手数料無しで払い戻しが可能です。

3.搭乗日の変更(特別対応)

対象航空券をお持ちのお客様は、2020年3月31日までの期間内で「1回のみ」搭乗日の変更が可能です。

4.払い戻し、搭乗日の変更方法

払い戻し又は搭乗日の変更をご希望のお客様は、下記ANA予約・案内センターまでお問い合わせをお願いします。
なお、旅行会社でご購入された航空券の場合は、ご購入された旅行会社にお問い合わせください。
また、払い戻しについては、旅行開始日(開始していない場合発行日)から1年と30日以内のご連絡により払い戻しを承ります。

ANA国際線予約・案内センター
0570-029-333

JAL

JALに関しては武漢までのフライトを運行していませんので、今のところ他の都市の予約の変更やキャンセルのインフォメーションはありません。

ホテル

航空会社に加えて、ホテルチェーンは、コロナウイルスの発生を封じ込めるとともに、主に予約した宿泊に対してキャンセルの場合に全額払い戻しを提供することにより、旅行者への発生の影響を軽減するように対応しています。

ヒルトン

ヒルトンは、武漢のヒルトン系列の、すべての予約に対して無料キャンセルを提供するとした声明を発表しました。

さらに、武漢のすべての居住者は、世界中の予約をキャンセルすることができます。

どちらの場合も、ゲストは2月2日以前の滞在予約に対して全額返金されます。

アコー

アコーは、 2月2日以前に中国全域のすべてのホテルに滞在する予約をした方に対して、無料キャンセルを提供しています。

まとめ

現時点では、こういった内容になりますが他の航空会社やホテルチェーンも追従すると思います。

期間も設定されていますが、この新型コロナウィルスが収束するまで延長される事になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です