スポンサードリンク

カタール航空が新型コロナウィルスの影響で上級会員の期間を延長

カタール航空のプリビレッジクラブは新型コロナウィルスの影響による上級会員の対応として期間を延長しました。

カタール航空の上級会員に関しては更新するのは4月22日になり、例年であればもうすぐ更新になります。

しかし、新型コロナウィルスの流行に伴い、その上級会員の有効期間を6ヶ月延長しました。

これは中東の航空会社では最初の航空会社であり、他の地域を含めても最初の航空会社になると思います。

期間を延長するためには、カタール航空の専用ページでクリックするだけになります。

ステータスは6か月の延長になります。

 

カタール航空が新型コロナウィルスの影響で上級会員の期間を延長

対象者はすべての上級会員が対象になっていると思います。

この内容の告知はメールになり、上級会員にはカタール航空からメールが届いていると思います。

そのメールのリンクをたどると登録ページにあり、そこでクリックするだけです。

特典を利用するには、会員カードが必要になります。

しかし、新しい会員カードは発行されませんので、期間を延長した会員はログイン後にダッシュボードから会員証の電子版をダウンロード、メール送信、または印刷してください。

また有効期間が6ヶ月延長になりましたが、今回の延長はまた6ヶ月後にさらに延長になるかもしれません。

今回のカタール航空の対応は、いまだに対応を発表しない各航空会社の対応を変えるきっかけになるかもしれません。

実際に旅行や出張が自粛や禁止されているような状態では、今年の上級会員が延長されても、来年の上級会員を維持するだけの利用はできないと思います。

そう考えると新型コロナウィルスが終息して1年間は延長しないと実際の救済にはならないと思います。

そのことに関しては、各航空会社やホテルプログラムも今後検討されるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です