スポンサードリンク

各航空会社の運行状況 新型コロナウィルスの影響で

航空会社のステータスマッチ

日本のJALやANAをあじめアメリカのアメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のすべてスケジュールを大幅に削減しています。

ヨーロッパでは、一部の航空会社がさらに大幅な変更を加えています。

ブリュッセル航空は火曜日に、ブリュッセル航空が3月21日から4月19日までのすべてを一時的に運休すると発表しました。

オーストリア航空も同じ対応をすると発表しました。

オーストリア航空はルフトハンザグループの一員です。

ヨーロッパで最も稼働率の高い航空会社の1つであるライアンエアのような人気のLCC航空会社でさえ、すべてのフライトを一時停止しなければならない可能性に備えています。

新型コロナウィルスの影響ですべてまたはほとんどの業務を一時停止している主要な航空会社の一覧です。

この投稿はすべての航空会社を記載しているものではありませんが、主要な航空会社になります。

JALの運行スケジュールに関してはこちらをご覧ください。

ANAの運行スケジュールに関してはこちらをご覧ください。

エアバルティックは、  3月17日から4月14日までのすべての運航を停止しました。

エールフランスは、Airbus A380のフリートを一時的に接地することを含め、今後数日間でネットワークを最大90%削減します。

エアセルビアは、政府の命令に応じて、3月19日から始まるすべてのフライトを一時的に停止しました。再開日はまだ発表されていません。

オーストリア 航空 は、3月18日から3月28日までのすべての運航を一時的に停止します。

ブリュッセル航空は、3月21日から4月19日までのすべての運航を停止します。

キャセイパシフィック航空は、4月と5月に乗客定員の96%を削減します。

KLMは、ボーイング747型機の引退を含め、今後数日でネットワークを最大90%削減します。

ラ・コンパニーが 4月12日を通じて3月18日からニューアーク(EWR)とパリ・オルリー空港(ORY)間のすべてのフライトを中断 。

LOTポーランド航空は、3月28日まで、ポーランド政府の命令により、すべての国際便を停止しました。

ルフトハンザはネットワークを縮小していますが、米国およびその他の国の一部の目的地に引き続きサービスを提供します。

ノルウェー は、すべての長距離戦を含むネットワークの85%を削減し、7,300人の従業員を一時的に解雇します。残りのフライトは、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマークでのみ運航しています。

カンタス航空は、すべての国際便一時停止し、少なくとも5月末まではワイドボディ艦隊全体を接地し、国内ネットワークの周波数を削減しています。

RwandAirは、3月21日から4月20日までのすべてのフライトを一時停止します。

SAS は少なくとも3月28日までに運航の「大部分」を削減しました

南アフリカ航空は、5月末まですべての国際便を停止しました。

ヴァージンアトランティック航空は、ロンドン(LHR)とニューアーク(EWR)間のフライトを恒久的に終了するなど、ネットワークを最大80%削減しています。

ヴァージンオーストラリアは、少なくとも6月14日によってすべての国際便と国内ネットワークを削減します。

米国では、旅客輸送が​​枯渇したため、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の3大航空会社がすべてスケジュールを大幅に削減しました。

たとえば、アメリカン航空は現在、北アメリカから東京まで1本、ロンドンまで2本の長距離ルートを3本だけ飛行しています。

サウスウエスト航空、アラスカ航空、ジェットブルー航空を含む他の航空会社と同様に、国内線も削減しました。

コロナウイルスの危機が続くと、さらに削減される可能性があります。

まだ、JALやANAのように国内線が運行できる航空会社はまだいいと思いますが、国際線だけのキャセイパシフィック航空やシンガポール航空、カタール航空などの航空会社は壊滅的な状況です。

また国内線でもアメリカやイタリアを含むヨーロッパ諸国などは甚大な影響があり、ほとんどすべての運行を休止しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です