スポンサードリンク

航空会社の新型コロナウイルスの影響での上級会員に対する対応(4月3日更新)

航空会社のステータスマッチ

今年になってから航空会社に限らず旅行業界にとって厳しい状況が続いています。

新型コロナウィルスは各方面に甚大な影響を与えていますが航空会社は最も影響を受けている業界の一つになると思います。

もちろん利用者も、イベントやコンサートがキャンセルになり、入国ができないなどの理由や感染防止の為にも旅行を控えている状況です。

航空会社やホテルを始め多くの旅行会社が予約に対しては、新しい予約と既存の予約の両方に柔軟に対応しています。

この状況下で、航空会社やホテルのプログラムが上級会員の期間延長や、特典の延長とマイルやポイントの有効期限を当面廃止するなどの対応を行っています。

上級会員の有効期限が延長になることによって既存の上級会員の確保と今後の利用の低下を防ぐとともに上級会員に対する救済になっています。

これまでの上級会員に対する対応をまとめてみました。

日本航空(JAL)

JALは今のところ上級会員に対する期間の延長に関しては発表していません。

上級会員になるためのFLY ON ポイントが2倍になる対策を行っています。

ボーナスFLY ON ポイントキャンペーン

搭乗するとマイルの他に上級会員になるためのFLY ON ポイントがもらえます。

そのFLY ON ポイントをためて上級会員になることや維持をすることができます。

しかし、現状では利用機会が少なくなり、FLY ON ポイントをためることが困難になっています。

期間は限定になりますが、そのFLY ON ポイントにボーナスポイントをつけて上級会員に維持や達成するための対策を行っています。

キャンペーン期間

2020年2月1日(土)から2020年7月31日(金)まで

すでに搭乗している分に関しても、遡ってボーナスFLY ON ポイントが積算されます。

キャンペーン内容

JALおよびJALグループ運航便の搭乗で獲得したFLY ON ポイントを通常の2倍積算します。

例えば東京(羽田)-札幌(新千歳)線を大人普通運賃でご搭乗の場合

通常なら片道1,020ポイント+搭乗ボーナスFLY ON ポイント400ポイント+特別対応により積算されるFLY ON ポイント1,020ポイント=片道2,440ポイント、往復4.880ポイントたまります

*1 区間マイル510×フライトマイル積算率100%×国内線FLY ON ポイント換算率2倍

*2 搭乗ボーナスFLY ON ポイントの詳細はこちら

対象運賃

フライトマイル積算対象運賃

ANA

JALと同じで今のところ上級会員に対する期間の延長に関しては発表していません。

ボーナスプレミアムポイントを積算できるようになります。

対象期間

2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)搭乗分まで

  • 2020年1月1日(水)以降、すでにご搭乗いただいた分についても2倍で積算いたします。搭乗実績に応じてマイル口座に自動積算いたしますので、申請の必要はありません。

対象路線

ANAおよびANAグループ運航の国内線・国際線全路線

対象運賃

マイル積算可能な国内線全運賃・国際線全予約クラス

対象者

対象期間中にご搭乗いただいたすべてのANAマイレージクラブ会員

積算時期について

ANAおよびANAグループ運航便のご搭乗により、通常積算されるプレミアムポイント数を月ごとに集計し、それと同じプレミアムポイント数を翌月末に積算いたします。

特別倍率分のプレミアムポイント積算時期

  • 2020年1月1日(水)から3月31日(火)までのご搭乗分:2020年4月下旬
  • 2020年4月1日(水)から4月30日(木)までのご搭乗分:2020年5月下旬
  • 2020年5月1日(金)から5月31日(日)までのご搭乗分:2020年6月下旬
  • 2020年6月1日(月)から6月30日(火)までのご搭乗分:2020年7月下旬
  • 通常のプレミアムポイント積算日はフライトマイル積算日と同日になります。
  • フライトマイルを事後登録された場合、搭乗日の翌月15日頃までの登録完了分を記載の日程で積算いたします。
    搭乗日の翌月16日頃から2020年7月31日(金)までの登録完了分については、2020年8月下旬に積算いたします。

 

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空は、コロナウイルスによる旅行の損失を補うために、上級会員にボーナスポイントを付与しています。

キャセイパシフィック航空の独自な施策としては、2月、3月、4月の会員アカウントにクラブポイントを発行します。

•ダイヤモンド140クラブポイント
•ゴールド65クラブポイント
•シルバー30クラブポイント

2020年2月、3月、4月に有効期限が切れるラウンジパス、予約可能なアップグレードなどに関しては新型コロナウィルスが終息して、旅行の際に利用できるように、6か月間これらの特典を再発行します。

特典の再発行には、有効期限から7営業日かかります。

新型コロナウィルスの影響でホテルチェーンや航空会社の救済処置は、中華圏に住所のある会員に対する対応がほとんどになっています。

今回のキャセイパシフィック航空の発表には特に地域に関する記載はありませんでした。

そうなると日本の会員が対象になっていると思います。

シンガポール航空

昨年の上級会員で上級会員の基準に達しなかった会員を対象に、さらに12か月間ステータスを延長しました。

対象の会員にはメールで告知されます。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空は、現在の上級会員に対しての特別な施策は行っておりません

ただし、数日前にエリートステータスチャレンジを完了するために必要な期間延長を発表しました。

内容は

現時点では、2021年プレミアプログラムの変更は計画していないようですが、現在の状況が会員の活動にどのように影響しているかについては、今後の選択肢の検討を続けていきます。ただし、暫定的に、マイレージプラス2020プレミアステータスマッチチャレンジプロモーションに参加している会員に、チャレンジ期間をさらに30日間を提供する予定です。

この期間延長は、来週以内にメンバーアカウントに自動的に反映されます。

アラスカ航空

アラスカ航空は、エリートステータスの有効期限を延長するか、2021年のエリートステータスの資格要件を緩和するかどうかについてはまだ発表していません。

アラスカ航空では、多くのチケットの変更およびキャンセル料金を免除していますが、これらの免除の完全な詳細および資格については、アラスカの新型コロナウィルスのページをご覧ください

アメリカン航空

アメリカン航空はまだエリートステータスの有効期限を延長したり、2021年のエリートステータスの資格要件を緩和したりしていません。

アメリカンはコロナウイルスの発生を考慮して、多くのチケットの変更とキャンセルの手数料も免除しています。

デルタ航空

デルタ航空でもユナイテッド航空やアメリカン航空同様に、エリートステータスの有効期限を延長したり、2021年のエリートステータスの資格要件を緩和したりしていません。

2020年3月1日から2020年6月30日までに期限が切れるように設定されたバウチャーや特典は、2020年12月31日まで有効です。

ブリティッシュ・エアウェイズ

2020年3月26日、ブリティッシュエアウェイズは、一部のエグゼクティブクラブメンバーのエリート資格要件を緩和したことを発表しました 。

ステータス更新日が今年の4月、5月、6月の上級会員は、コロナウイルスの発生により、ティアポイントが30%少なくなった基準で更新ができます。

ブリティッシュエアウェイズの上級会員は、既存のステータスを維持したり、上位のステータスレベルに移行したりするために、次のティアポイントを獲得する必要があります。

  • ブロンズ: 210ティアポイント(対300)
  • シルバー: 420ティアポイント(対600)
  • ゴールド: 1,050ティアポイント(対1,500)
  • ゴールドゲストリスト: 3,500ティアポイント(対5,000)

さらに、一部のバウチャーの有効期間が 6か月延長されました

他の航空会社と同様に、ブリティッシュエアウェイズも、乗客が無料でフライトを変更できる旅行免除を提供しています。

フィンエア

フィンエアではこの状況に対応するための追加措置を講じることにになり、2020年3月31日から当面6か月間、上級会員の期間を自動的に延長します。

利用可能なアップグレード特典の有効期限も延長されます。

昨年の実績に応じた上級会員の取得に関しては従来通りになります。

延長されている間は新しいFinnair Plus会員カードは送付されませんので、既存の会員番号をそのまま使用し続けることができます。

ヴァージンアトランティック

日本には就航ししていませんがヴァージンアトランティック航空も上級会員に対する対策を発表しました。

ヴァージンアトランティック航空も上級会員に関して、2020年3月20日にシルバーとゴールドのステータスが6か月延長されます。

カンタス航空

カンタス航空は国際便を停止し、国内便に関しても半減している現状を考慮し、上級会員の延長を発表しました。

期間は12ヶ月の延長になり会員は、、以下のスケジュールでステータスが12か月延長されます。

カンタス航空の専用ページに詳細記載されています。

カンタス航空の上級会員は毎月更新されるので、延長期間は次のようになります。

現在の会員年の終了日 延長された期間 新しい会員カードの送付
2020年3月31日 2021年3月31日 2020年3月中旬
2020年4月30日 2021年4月30日 2020年4月中旬
2020年5月31日 2021年5月31日 2020年5月中旬
2020年6月30日 2021年6月30日 2020年6月中旬
2020年7月31日 2021年7月31日 2020年7月中旬
2020年8月31日 2021年8月31日 2020年8月中旬
2020年9月30日 2021年9月30日 2020年9月中旬
2020年10月31日 2021年10月31日 2020年10月中旬
2020年11月30日 2021年11月30日 2020年11月中旬
2020年12月31日 2021年12月31日 2020年12月中旬
2021年1月31日 2022年1月31日 2021年1月中旬
2021年2月28日 2022年2月28日 2021年2月中旬

 

 

エティハド航空

エティハド航空は、2020年3月31日以降、上級会員を維持するために、すべてのエティハドゲストメンバーに毎月ボーナスティアマイルを分配すると発表しています。

これらのボーナスティアマイルは、毎月の最終日に自動的にエティハドゲストアカウントに入金され、登録の必要はないようです。

詳細はわかりませんが昨年の実績に基づいて、エティハド航空が計算するとことになるようです。

また、エティハド航空は、2020年3月1日から6月30日までのすべてのフライトで上級会員になるためのティアポイントを2倍にしています。

フライング・ブルー

エールフランス、KLM、その他の航空会社のロイヤルティプログラムであるフライングブルーは資格期間が2020年3月、4月、または5月で終了するすべてのメンバーのエリートステータス要件を下げると発表しました。

対象となる会員には25%少ないエクスペリエンスポイントで達成することができます。

シルバー、ゴールド、またはプラチナのステータスを維持する内容は以下の通りです。

  • シルバー:75 XP(通常は100 XP)
  • ゴールド:135 XP(通常180 XP)
  • プラチナ:225 XP(通常300 XP)

これは今のところ 2020年3月、4月、または5月に有効期間が終了するメンバーにのみ適用されます。

カタール航空プリビレッジクラブ

上級会員の有効期間が12ヶ月間延長

Qcreditsの有効期間が24ヶ月間延長

になります。

カタール航空が新型コロナウィルスの影響で上級会員の期間を延長

上級会員の有効期間が12ヶ月間延長

上級会員の期間延長は、有効期限が2021年1月31日またはそれ以前に有効期限が切れるすべてのシルバー、ゴールド、およびプラチナ会員に対して行われます。

現在、カタール航空プリビレッジクラブのゴールド会員で昨年の実績が皆無ですが、延長されるようです。

変更は2020年4月1日から会員年度全体にわたって、自動的に上級会員期間を変更します。

Qcreditsの有効期間が24ヶ月間延長

カタール航空プリビレッジクラブの上級会員を維持している限り、Qcredits は2年間延長されます。

Qcreditsは座席のアップグレードや手荷物超過分の生産などに使える上級会員のゴールド会員以上に与えられるポイントになります。

ゴールド会員で40Qcredits、プラチナ会員で60Qcreditsが年間で与えられます。

エコノミークラスの予約クラスの規定はありますが、比較的使いやすいのでエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードなどを主に使っていました。

その期間も24ヶ月延長になります。

まとめ

新型コロナウィルスの影響による上級会員に対する対応は随時更新されています。

その中で日本の航空会社であるJALやANAに関しては期間延長に関する対応は発表されておりません。

それとアメリカ系の航空会社に関しては期間延長も、上級会員に対する対応も発表されていません。

各航空会社の対応を見てみると、6ヶ月の対応と1年間の対応を行っている航空会社に分かれています。

6ヶ月対応の航空会社も状況が変わらない限りは期間を延長すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です