スポンサードリンク

IHGリワードクラブポイントの対応

IHGリワードクラブ

何度か発表されているIHGリワードクラブの新型コロナウィルスへの対応について、更新されましたので掲載します。

内容は

①ポイントの期間延長

②予約のキャンセルや変更について

③IHGリワードクラブの上級会員についてです。

ポイントの期間延長

以前の発表では2020年4月1日から6月30日までに期限が切れるポイントに対して対応を発表していました。

今回の発表でIHGリワードクラブは、4月1日から年末までポイントが期限切れにならないようにすることを決定しました。

ポイントの期間延長

ポイントの有効期限が4月1日から年末までのすべてのメンバーについて、ポイントの有効期限を2020年12月31日まで延長します。

キャンセルポリシーとフレキシブルな予約

IHGリワードクラブでは現在予約をしている会員や、これから予約を考えている方に柔軟に対応できるようになっています。

既存の予約(4月6日までのご予約)のキャンセルポリシーを更新し、2020年6月30日までの滞在については変更またはキャンセルが無料で対応可能になります。

予約の変更やキャンセルを希望の場合は、「滞在の管理」からオンラインで可能なほかに、予約・カスタマーケアまで電話で変更もできます。

これからの予約に関しても安心して予約を行えるように柔軟な対応を行っています。

新しい「Book Now, Pay Later(今すぐ予約、後払い)」料金では、デポジットの支払いもなく滞在の24時間前までのキャンセルが無料となるなど、お得な料金設定を用意しています。

そうすることによって、これから先の年末から来年にかけての予約も安心して行うことができます。

IHGリワードクラブ会員には、さらにお得な会員限定料金も用意されています。

IHGリワーズクラブの上級会員

先月、IHGリワードクラブでは今年のエリート会員の基準(宿泊数またはポイント)を引き下げたことを発表しました。

また、エリート会員(ゴールドエリート、プラチナエリート、スパイアエリート)の場合、ポイントの有効期限が切れることはありません。

クラブ会員の場合、ポイントは12ヶ月間活動していない場合にのみ有効となります。

そのため、4月1日がポイントの有効期限となっている会員は、有効期限を2020年12月31日まで延長します。

 

まとめ

新型コロナウィルスの影響が終息するまで、このような対応期間は延長されていくと思います。

IHGリワードクラブでは2020年の滞在に対する上級会員の基準も引き下げていますが、それは半年程度で終息する前提での対応になり、その期間が年末までずれ込むと、ポイントや上級会員の有効期間もいつまでかわかりませんが2021年まで延長になる可能性は大きいと思います。

今はこまめに更新を繰り返すしかないと思いますので、マイレージプログラムやホテルプログラムからの発表には注意が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です