スポンサードリンク

ユナイテッド航空の2020年における上級会員の基準引き下げ

ユナイテッド航空

新型コロナウィルスの影響で航空機の利用がほとんどなくなっている現状で、2020年の上級会員になるための基準を各航空会社では引き下げたり、ボーナスポイントを給付しています。

ユナイテッド航空は2020年に新規および再更新で上級会員を獲得するための基準値を大幅に引き下げました。

一方、すでに上級会員をお持ちの方は、2022年1月31日まで上級会員期間が延長されます。

2020年のユナイテッド航空 マイレージプラスの上級会員を獲得

新しいステータスの獲得については、ユナイテッド航空は飛行した場合のポイントと支出の要件を約50%削減しました。

たとえば、通常は18,000ドル以上を支払い54回の飛行して最高レベルのプレミア1Kステータスを獲得しますが、今年は9,000ドルの支払いと26回のフライトで獲得することができます。

その他の2020年上級会員達成基準は次のようになります。

ステータスレベル PQF PQP PQPのみ
シルバー 6 2,000 2,500
ゴールド 12 4,000 5,000
プラチナ 18 6,000 7,500
1K 26 9,000 12,000

 

今回の基準引き下げにより、スターアライアンスのゴールド会員資格を取得できるゴールド会員には4、000ドルの支出と12回のフライトで達成可能になります。

達成した場合には一週間程度でアカウントに反映されます。

この基準を見ると新型コロナウィルスの影響が半年程度で終息か、もしくはある程度の需要が回復する前提で決められています。

もし、新型コロナウィルスの影響が今年中になくならなければ、今回の基準引き下げは2021年にも適用されると思います。

今回はユナイテッド航空でしたが、同じアメリカ系の航空会社であるデルタ航空はメダリオンの延長ステータスが2021年2月1日に延長されることを確認しており、アメリカン航空は2020年に新しいステータスを獲得するための要件を減らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です