スポンサードリンク

ヴァージンオーストラリアは破綻し、コロナウイルス流行後の最大の航空会社となります。

ヴァージンオーストラリア

ヴァージンオーストラリアは、世界的な航空会社が直面する最悪の危機を引き起こしている新型コロナウィルスの影響の中で破綻した最大の航空会社になりました。

ブリスベンを拠点とするヴァージンオーストラリアは4月21日にオーストラリアの破産に相当する「自主管理」に入ったと、ヴァージンオーストラリアは発表しています

この「自主管理」のプロセスは、現在の株主とオーストラリア政府が援助の提供を辞退した後、外部投資を求めることができます。

ヴァージンオーストラリアは、オーストラリア国内および国際線に関して、既に大幅に削減された運行を行っています

ブリスベン(BNE)、メルボルン(MEL)、シドニー(SYD)を含む国内64便を毎日運航しており、香港(HKG)とロサンゼルス(LAX)への国際便も限定されていますが運行しています。

今までも財政難の状態で経営されてきましたが、新型コロナウィルスの影響によって引き起こされた財政的緊張が経営的にこれ以上の運営は不可能となりました。

ヴァージンオーストラリア

航空会社の破綻は、即航空機の運行停止やや各種サービスが停止することではありません。(一部の例外もあります)

ヴァージンオーストラリアは、新型コロナウィルスの影響の中で、今のところ破産や同等の手続きをしたりする最大の航空会社です。

今までは小規模な英国のリージョナルキャリアであるFlybeが3月上旬に最初に破綻し、続いてコンパス航空、RavnAir、Trans States Airlinesが倒産しました。

その他に南アフリカ政府が援助要請を拒否した南アフリカ航空は崩壊の危機に瀕しています。

国際航空運送協会(IATA)は、新型コロナウィルスの危機を乗り越えるための政府の援助なしに、世界の航空会社の半分が破綻または買収される可能性があると警告しています。

ヴァージンオーストラリアは、すでに財政的には弱っており、航空会社は3月末に連邦政府にオーストラリアドル14億ドル(8億8,800万ドル)の融資を求めましたが拒否されています。

ヴァージンオーストラリア航空はカンタス航空に続いてオーストラリアで2番目に大きい航空会社になります

バージンオーストラリアは、2019年にオーストラリア国内で利用可能な座席数のほぼ31%(予算子会社のタイガーエアオーストラリアを含めると37%)を飛行しました。

1位のカンタス航空は、オーストラリアの年間容量の39%近くを飛行していることを考えると影響は大きいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です