スポンサードリンク

ANAを使った2021年ファーストクラスとビジネスクラスの特典航空券

ANAの特典航空券

春先は日本国内に限らずアメリカへの旅行に関しても最適な季節のひとつです。

アメリカの旅行先も夏なら暑くて滞在が大変な地域も、冬なら雪が多かったり寒かったりする地方も春は温暖な気候で過ごしやすい気候が多く、西海外などは湿気も少なく温暖な気候なので観光には最適の時期になります。

通常春休みに旅行を考えるとき、3月20日移行に始まり、4月の第1週まで続きます。

2021年に新型コロナウィルスの影響が終息する場合を考えると、今が予約に最適な時期かもしれません。

キャンセルも自由に出来るので、状況が変わらなくても問題は無く、終息できていると春休みの旅行が出来ます。

今回は日本からアメリカの西海岸と中西部にかけてANAのファーストクラスとビジネスクラスの空席状況を調べました。

実際にいけるかどうかは別にして参考にしてください。

ANAの「THE Suite」

 

旅行を予約する必要は?

ANAのファーストクラスとビジネスクラス

ご存知のように、世界中で新型コロナウィルスの影響の真っ只中にあります。

旅行は世界中で制限されており、絶対に必要でない限り、流行を封じ込められるまで旅行を控える必要があります。

ただし、他の記事で説明したように、リスクを理解していれば、今が将来の旅行を計画する絶好の機会です。

数多くのプレミアムルート(東京からアメリカなど)に関する特典航空券を予約しやすい状況です。

ただし、今のところ旅行の予約にはいくつかのリスクがあります。

1つ目は、飛行する時期までにコロナウイルスが終息している保証はないということです。

この場合、旅行をキャンセルするために料金を支払う必要があるかもしれません。

これを念頭に置いて、予約する前に航空会社やホテルの変更とキャンセルの規約を確認してください。

これにより、チケットをキャンセルしなければならない場合でも、余計な出費は発生しません。

さらに、多くの航空会社は財務状況が不安定です。

小さな航空会社などの破綻が出始めています。

そのため、この時期に予約する航空会社は国を代表する航空会社を利用する必要があります。

たとえば、ANAやユナイテッド航空のマイルを利用することやユナイテッド航空のマイレージプラスでANAチケットを予約する場合やその逆に関しては問題は無いと思います。

東京からアメリカまでANA特典航空券に関して

ANAの「The room」

 

ANAファーストとビジネスクラスの特典航空券は、アメリカの西海岸と中西部にかけて多数の空席があります。

調査は2人以上が予約できる日を設定しています。

また東海岸でも南部でもワシントンダレス(IAD)やヒューストン(IAH)からの空席も見つかり、ほとんどすべての都市に空席を発見することが出来ます。

特にANAは、日本のフラグキャリアであり、日本最大の航空会社です。

航空会社は、「The Room」と呼ばれる新しいビジネスクラスの座席や最高のファーストクラスの座席を持っています

この記事を記載している時点で、すべてのフライトには、少なくとも2人の乗客が搭乗できる特典航空券の空席があります。

これはすぐに変わる可能性があるため、予約したいフライトを見つけたら、チケットをすぐに予約してください。

さらに、一人旅やこの季節以外に旅行する人のための特典航空券の空席があると思いますので、これらの日付に縛られていない場合は、スターアライアンスの空席状況を調べてください

ANAが参加しているスターアライアンスの特典航空券空席状況を検索するのに最適なWeb​​サイト

 

東京-羽田(HND)からシカゴ-オヘア(ORD)行き

ファーストクラス:

  • 行き:3月31日。4月1日
  • 帰り:3月15〜17日と23日

ビジネスクラス:

  • 行き:3月31日。4月1日
  • 帰り:3月17日

東京-成田(NRT)からシカゴ-オヘア(ORD)行き

ファーストクラス:

  • 行き:3月31日。4月1日
  • 帰り:3月17日および22〜23日

ビジネスクラス:

  • 帰り:3月14-15、17、22

東京-羽田(HND)からヒューストン(IAH)行き

ファーストクラス:

  • 行き:3月30日。4月1日
  • 帰り:3月20日および23日

ビジネスクラス:

  • 行き:3月31日
  • 帰り:3月23〜24日

東京-羽田(HND)からロサンゼルス(LAX)行き

ファーストクラス:

  • 行き:3月30〜31日。4月1日
  • 帰り:3月16日〜17日

ビジネスクラス:

  • 行き:3月30〜31日。4月1日
  • 帰り:3月15〜16日、22〜24日

東京-成田(NRT)からロサンゼルス(LAX)行き

ファーストクラス:

  • 行き:3月30〜31日
  • 帰り:3月15〜16日および21日

ビジネスクラス:

  • 行き:3月30〜31日
  • 帰り:3月16日と18日

サンフランシスコ(SFO)行き東京-羽田(HND)

ファーストクラス:

  • 帰り:3月15、18、22日
  • インバウンド:3月30〜31日

ビジネスクラス:

  • 帰り:3月14〜17日および21〜23日
  • 行き:3月30〜31日

東京-成田(NRT)からサンフランシスコ(SFO)行き

ファーストクラス:

  • 行き:3月31日

ビジネスクラス:

  • 行き:3月31日
  • 帰り:3月14〜15日、22〜24日

東京-羽田(HND)からサンノゼ(SJC)行き

ビジネスクラス:

  • 行き:3月31日
  • 帰り:3月15〜17日と21日

東京-羽田(HND)からシアトル(SEA)行き

ビジネスクラス:

  • 行き:3月29〜31日
  • 帰り:3月14〜24日

東京-羽田(HND)からワシントン・ダレス(IAD)行き

ファーストクラス:

  • 行き:3月31日。4月1日
  • 帰り:3月16、18、20

ビジネスクラス:

  • 行き:3月30日
  • 帰り:3月15〜16日

これらのチケットを予約する方法

ANAはスターアライアンスに加盟していますので、スターアライアンスのマイルであればどのような形態でも利用することが出来ます。

ただしマイレージプログラムによってお得感が違いますので、お得な3社を例に挙げておきます。

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブで予約するとマイル数的には他の航空会社で予約すりょりもお得です。レギュラーシーズンであれば東京とアメリカ間の往復のビジネスクラスの特典航空券のマイル数はわずか85,000マイルで、これは大変お得です。

一方、ファーストクラスは往復15万ANAマイルです。

ANAでは片道チケットの予約はできません。

ただし、さまざまな航空会社を利用した複数の都市を経由した旅程も予約することが可能です。

ただし燃料サーチャージが必要になります。

ユナイテッドマイレージプラス

ユナイテッド航空のマイレージプラスで、ANA特典航空券を予約できます。

しかし、ユナイテッドは最近、提携航空会社特典チャートを廃止し、ほとんどの場合、それまでよりも10%以上のマイル数引き上げを行いました。

他の航空会社と比較すると、アジアとアメリカ間の特典航空券に必要なマイル数は少ないので利用する価値はあると思います。

この記事を書いている時点で、ユナイテッド航空はANAビジネスクラスの特典を片道88,000マイルで、ファーストクラスの特典は121,000マイルでした。

これはANAマイレージクラブで予約するよりもはるかに多くのマイル数を必要とします。

 

まとめ

ANAが東京の羽田空港に3つの新しいラウンジを発表

今の時期に旅行のことは考えられないかもしれません。

ただし、通常では発券できない特典航空券の空席が多く、ホテルの滞在費も低い設定で販売されています。

もしろん新型コロナウィルスが終息していなければアメリカへは入国も出来ませんので論外ですが、そのような状況であれば予約のキャンセル変更は無料で出来るはずです。

参考までに記載しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です