スポンサードリンク

カタール航空のキャンセルと予約変更について

カタール航空

カタール航空は5月14日に新たな予約変更の方針を発表しました。

新型コロナウイルスの流行のため、各航空会社では柔軟なキャンセルおよび予約変更を行っています。

今回発表されたカタール航空の内容は、どの航空会社よりも柔軟対応になります。

この更新された内容では、カタール航空の予約に関して、飛行先を元の目的地から半径5,000マイル以内のどこにでも変更できるなど、旅程を「無制限」に変更することが出来ます。

これらの変更は簡単に行うことができ(フライトをキャンセルする必要はありません)、運賃の差額はありません。

これは、今までに無い内容になり、特に、日本やアメリカの航空会社と比較すると、非常に画期的なことだとわかります。

カタール航空のキャンセルおよび変更に関して

この新しい内容は、9月30日までに12月31日までに出発する旅行の予約に適用されます。

  • キャンセルされたフライトは、チケットの予約クラスに関係なく、元のお支払い方法への全額払い戻しの対象となります。
  • キャンセルされたチケットの価値は2年間有効です。安全だと思われる場合は、将来の旅行を再予約することができます。
  • 払い戻しの代わりにチケットを将来のフライトクレジットと交換する場合、10%のボーナスを受け取ることができます。そのため、1,000ドルの払い戻しは、将来のクレジットに対する$ 1,100の航空券になります。
  • チケットは、1米ドルあたり100 QmilesのレートでQmilesに交換できます。これにより、実質1セントでマイルを購入できます。
  • フライトの日付、元の空港(最初に予約した国と同じ国にある限り)、および目的地は、元の目的地から半径5,000マイル以内であれば、何度でも変更できます。

これらはすべて非常に寛大な内容です。

10%ボーナスの場合、会員は理論的にはカタール航空のチケットを購入し、すぐにボーナスフライトクレジットに払い戻すことができます。

ただし、これには多少の手間がかかり、倫理的なものではないため、このような行為はカタール航空でもチェックすると思います。

さらに、チケットの値をそれぞれ1セントでQmilesに変換する内容も興味深いです。

最後に、この内容はカタール航空の航空券の有料チケットにのみ適用されるため、マイルで予約されたチケットはこれらの特典の対象となりません。

カタールの新しい再予約の概要

カタールの新しい変更ポリシーの最も興味深い部分は、その再予約に関してです。

すでに説明したように、年末までに出発するように設定したチケットを再予約して、日付、出発地、目的地の空港を変更できます。

同じ国から出発する必要がありますが、目的地は元の目的地から半径5,000マイル以内の任意の場所に変更できます。

さらに良いことに、再予約により、変更で料金の差額は発生しません。

年末までが対象となります(延長するかの失せもあります)ので、それまでに新型コロナウィルスの影響がなくなっていない場合でも旅行をキャンセルする場合でも、チケットの再予約やフライトクレジット(10%のボーナス付き)が使えます。

まとめ

最良の選択肢は、旅行が2020年末までに出来るようになることです。

すでにフライトを予約していて、年末に旅行しても安全だと思われる場合は、問題はありません。

そういったときでもフライトを再予約するか、10%のボーナスでフライトクレジットを選択することが出来るので安心です。

また、全面的に旅行の計画を取りやめる場合でも払い戻しを選択することが可能なので安心です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です