スポンサードリンク

アメリカン航空の特典航空券に関する新しいルール導入が1ヶ月遅れます。

アメリカン航空
アメリカン航空は、特典予約の手数料に関する新しいルールの導入時期を変更しました。
今回のアメリカン航空における特典航空券の変更やキャンセルに関する内容変更は大きく取り上げられることがなかったので知らない方も多いかもしれません。
今回の変更内容はアメリカン航空の特典航空券を6月1日以降に予約された特典航空券について、少なくとも60日前までに無料の特典航空券の変更とキャンセル時にマイルの返還を行うことができると発表していました。
導入が1ヶ月後になりましたの2020年7月1日以降に発券された特典旅行については、60日前までに無料の特典航空券の変更とキャンセル時にマイルの返還することが出来ます。
遅れた理由は、コロナウイルスによる変更およびキャンセル料金の航空会社の一時的な免除でアメリカン航空も寛大な内容を発表しており、それが特典航空券にも適用されるので今後も導入が遅れる可能性もあります。
出発から60日以内に行われた変更については、以前に発表された変更およびキャンセル料の表が、以下に詳述するように7月1日に発効します。
料金は、予約にマイルが使用されているAAdvantageアカウント所有者の上級会員ステータスによって異なります。
エリートステータスレベル 60日以上 7〜59日 7日未満
エグゼクティブプラチナ $ 0 $ 0 $ 0
プラチナプロ $ 0 $ 50 75ドル
プラチナ $ 0 75ドル 100ドル
ゴールド $ 0 100ドル 125ドル
一般会員 $ 0 125ドル 150ドル
ほとんどの人にとって、7月1日に発効する変更は改善になると思います。
特典航空券の変更またはキャンセル時のマイル返還は、ステータスに関係なく、以前は150ドルでした。
ただし、エグゼクティブプラチナメンバーは、いつでも無料で変更とキャンセルができます。
7月1日以降、特典航空券の変更またはキャンセルが出発の少なくとも60日前に行われる限り、料金は請求されません。
これは、以前はまったく変更できなかったWebスペシャルチケットを含むすべての特典航空券に適用されます。 

しかし、この新しいルールでは、以前は非常に柔軟性があった特典航空券に対して、変更と再入金の手数料が発生することになります。

以前のアメリカン航空は、出発地、目的地、航空会社が同じである限り、MileSAAverの特典を無料で変更することができました。

出発地と目的地を変更した場合でも、AAnytime(標準)アワードの変更手数料も免除されました。

これらの変更は、予定されている出発前であればいつでも行うことができました。

今は新型コロナウィルスの影響が続いていますので、変更やキャンセルに関しては問題がありませんが、変更が導入された後は特典航空券の種類によっては変更やキャンセルがしづらくなります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です