スポンサードリンク

デルタ航空がスカイマイル特典航空券のキャンセルと変更手数料を廃止

デルタ航空

デルタ航空に限らずユナイテッド航空やアメリカン航空などの航空会社のマイルを使って特典航空券に交換されている方は多いと思います。

その中で一旦予約を行った後の変更やキャンセルに関する手数料が高く、会員レベルにもよりますが負担が大きくなっています。

その為、旅行の変更があったときに柔軟性に欠ける事になります。

航空会社の手数料

航空会社は発券手数料(Web経由の場合は必要がありません)の他に変更やキャンセルに対して手数料を徴収します。

手数料の金額はキャンセルや変更の時期や会員レベルに応じて違います。

デルタ航空の手数料

デルタ航空がスカイマイル特典航空券のキャンセルと変更手数料を廃止

 

その他に一例としてユナイテッド航空の手数料を記載します。

デルタ航空がスカイマイル特典航空券のキャンセルと変更手数料を廃止
日本の航空会社は特典航空券のキャンセルや変更に関しては柔軟なので、手数料などは発生しません。
しかし、世界的に見て特典航空券のキャンセルや変更に手数料やマイルを徴収することは一般的です。
例えばキャセイパシフィック航空のアジアンマイルなどは日本国内線の往復特典航空券20,000マイルに対して、もしキャンセルが発生した場合は片道6,000マイルか6,000円前後の手数料が発生します。
往復の特典航空券をキャンセルした場合に、マイルで手数料を支払うと20,000マイルが戻って、手数料で12,000マイルを失うことになります。
その手数料が無くなることは画期的なことです。

デルタ航空 手数料の廃止

 

デルタ航空のスカイマイルが変更した後は旅行プランを簡単に変更またはキャンセルすることができます。 

  • 特典航空券をキャンセルするための150ドルの手数料と、すべてのスカイマイルメンバーの特典航空券を変更するための150ドルの再発行手数料を排除します。これは、ベーシックエコノミー運賃を除く、すべてのチケットの旅行を対象としています。 
  • ベーシックエコノミー運賃を除く、すべてのスカイマイル会員の出発前の特典航空券の変更とキャンセルを許可します。出発後72時間以内に変更およびキャンセルを行っても、国内特典航空券のマイルが失われることはありません。 

将来の旅行を検討する際に、スカイマイルメンバーと他のすべてのお客様は、デルタが今日提供しているより優れた柔軟性と安心を利用できます。 

  • デルタ航空は、2020年3月から年末までに購入されたすべてのチケットのすべての旅行の変更手数料を免除しています。つまり、米国内外の旅行のチケットを今すぐ購入することを検討している会員は、来年旅行する予定であっても、変更手数料は発生しません。 

 

デルタ航空便で交換

デルタスカイマイルをデルタ、デルタコネクション、デルタシャトルのフライトに交換できます。

先に述べたように、デルタ航空は特典航空券に必要なマイル数チャートを廃止しているので、希望する日の特典航空券に必要なマイル数はデルタ航空のウェブサイトで実際に検索するまでわかりません。

残念ながら、これらの価格はフライト、日付、予約人数、その他の要因に基づいて頻繁に変わります。

アメリカ国内線

 

アメリカ国内線で検索しても(ニューヨーク-JFKからシカゴ-オヘア(ORD)への片道特典フライト)日によって3倍以上の差があります。

デルタ航空のスカイマイルでマイルを交換する方法

ご覧のとおり、片道特典航空券の価格は6,000マイルから18,500マイルまでさまざまであります。

このマイル数はその日に予約できるすべてのフライトが対象ではなく、最低のマイル数になります。

デルタ航空のような変動制に関する大きなメリットの1つは、デルタ航空が片道12,500マイルの「標準」レートを下回る特典航空券を頻繁に提供することです。

アメリカン航空のAAdvantageで特典航空券を予約した場合、上記のルートを予約する少なくとも12,500マイルになります。

上記の日付のうち3つは、それらのマイル数の半分未満になります。

残念ながら、デルタ航空は昨年、特典航空券でベーシックエコノミーの展開を開始し、2019年初頭に拡大しました。

そのため、低価格の特典がこのベーシックエコノミーが対象となることが多くなっています。

マイルを節約したいと考えている人にとっては素晴らしいことですが、通常では敬遠されると思います。

 

国際線

 

国際線の特にプレミアムキャビン(ビジネスクラス)に関しては、東京からニューヨークへの片道のビジネスクラスのフライトに対するこの特典航空券の検索のように、差異はさらに大きくなる可能性があります。

デルタ航空のスカイマイルについて知っておくべきこと1

特典航空券を利用できるかどうかは常に問題ですが、デルタ航空などの変動制の航空会社の場合、これらの必要マイル数の大きな違いにより、旅行期間を自由に設定できる方であれば利用価値の高いマイレージプログラムになります。

一方で休日など暦通りの旅行期間の方にはより多くのマイル数が必要となり不利になります。

上のマイル数の変動を見ると最低が85,000マイル、最高が360,000マイルとなり4倍以上の開きがあります。

最後に、搭乗日間際の特典航空券に必要なマイル数に関してデルタ航空は、他の航空会社のような発券手数料を請求しませんが、出発から21日以内に必要とされるより高いマイル数は、より多くのマイル数を必要とします。

これは、他の航空会社と比較して、デルタ航空のスカイマイルにおける大きな欠点です。土壇場のチケットが必要な場合は、SkyMilesで検索することもありません。

スカイマイルのお得な情報に注目してください

スカイマイルを利用する最良の方法の1つは、ディスカウントキャンペーンを利用することです。

デルタ航空はこれらの取引を定期的にウェブサイトに掲載しており、エコノミークラスとデルタワンの両方でチケットを大幅に割引することができます。

 

2019年を通して、最も注目すべきものをいくつか紹介します(すべての価格は往復便の価格です)。

  • ヨーロッパまで20,000マイル
  • 国内12,000マイル
  • 日本まで44,000マイル
  • デルタワンからヨーロッパまで86,000マイル

デルタ航空は、エコノミークラスのメインキャビンとビジネスクラスのデルタワンの両方の予約に必要なマイル数に関して、マイル数を割引するキャンペーンを行っています。

キャンペーンは特定の地域とキャンペーン期間が設定されていて、その期間に利用する際にスカイマイルに多大な価値をもたらす可能性があります。

ただし、これらの割引キャンペーンは事前に把握することが難しく、アメリカ発のキャンペーンが多いため日本の会員は利用する機会が少ないと思います。

例えばニューヨークからスペインまでは往復20,000マイルで特典航空券を予約できるのでお得です。

今年だけでも、これらのキャンペーンは何度か行われており、アメリカ発になりますが南米行きエコノミークラス12,000マイルの往復便、ヨーロッパ行きエコノミークラス20,000マイル往復便、ヨーロッパ行きビジネスクラス128,000イル往復便、などがありました。

アメリカ国内線は往復11,000マイルなどのキャンペーンがありましたがキャンペーンがない場合でも、定期的にこれらのマイル数またはそれ以上のマイル数でアメリカ国内線を利用できる路線があります。

パートナー便で交換

デルタ航空のスカイマイルでマイルを交換する方法
スカイマイルを利用できるパートナー航空会社は数多くあります。

デルタ航空はスカイチームと提携しており、ヴァージンアトランティック航空やウェストジェットなどの提携パートナーも多数あります。

このためデルタ航空のスカイマイルで、世界中のさまざまな航空会社やルートでスカイマイルを利用できることができます。

デルタ航空の提携航空会社の全リストは次のとおりです。

スカイチームパートナー:

  • アエロフロート
  • アルゼンチン航空
  • アエロメヒコ
  • エアヨーロッパ
  • エアフランス
  • アリタリア
  • チャイナエアライン
  • 中国東方
  • 中国南方航空(2019年1月1日に航空会社がスカイチームではなくなりましたが、2019年12月31日までのフライトでマイルを引き換えることはできます)
  • チェコ航空
  • ガルーダインドネシア
  • ケニア航空
  • KLMロイヤルダッチエアラインズ
  • 大韓航空
  • MEA
  • サウディア
  • タロム
  • ベトナム航空
  • ia門航空

非提携パートナー:

  • エアタヒチヌイ
  • GOL航空
  • ハワイアン航空
  • マンダリン航空
  • 上海航空
  • ヴァージンアトランティック
  • ヴァージンオーストラリア
  • ウエストジェット

スカイチームを始め、パートナー特典航空券の特典航空券に必要なマイル数はデルタ航空の特典航空券と同じではありません

提携航空券のマイル数は固定です。

例えば、中国東方航空を利用して上海(PVG)からニューヨーク(JFK)までの直行便で、ビジネスクラスのフライトの場合

 

デルタ航空のスカイマイルでマイルを交換する方法

デルタ航空のパートナー航空会社の特典航空券を予約するためには、デルタ航空に電話で予約するか、デルタ航空のウェブサイトで検索する必要があります。

デルタ航空はパートナー特典航空券を表示するためにウェブサイトを強化しており、実質的にすべてのスカイチームおよび提携航空会社をオンラインで直接予約できます。

まとめ

 

デルタ航空の手数料が廃止になることは非常に良いニュースです。

いつものことですがデルタ航空が行う良いことも悪いこともユナイテッド航空がすぐ追従して、様子を見た後にアメリカン航空が同じ内容の変更を行います。

今回もそのようになるとデルタ航空では変わらない日本の国内線に関する特典航空券が非常に便利になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です