スポンサードリンク

デルタ航空のスカイマイルがステータスマッチキャンペーン

デルタ航空

デルタ航空のスカイマイルがステータスマッチを行っています。

キャンペーン期間は2020年10月31日までの

対象の航空会社はアメリカの航空会社になり、日本のJALやANAは対象外になります。

ステータスマッチ対象の航空会社

  • アラスカ航空
  • アメリカン航空
  • JetBlue
  • サウスウエスト航空
  • ユナイテッド航空

 

ステータスマッチの内容

アラスカ航空 アメリカン航空 JetBlue サウスウエスト航空 ユナイテッド航空

 

航空会社によってステータスマッチの内容が変わっています。

ステータスマッチが行われると2021年3月31日までデルタ航空と同等以上のメダリオンステータスになります。

ゴールドメダリオン

アラスカ航空のMVP、アメリカン航空のゴールド、サウスウエスト航空のAリスト、またはユナイテッド航空のプレミアシルバーは、2021年3月31日までゴールドメダリオンステータスを受け取ります。

これらのメンバーは、2021年までゴールドメダリオンステータスを延長できます。

2021年3月31日以前に2回の対象となる往復フライトまたは4回の対象となる片道フライトを完了した場合は2022年1月31日まで延長します。

プラチナメダリオン

アラスカ航空のMVPゴールド、アメリカン航空のプラチナ、ジェットブルーモザイク、サウスウエスト航空のAリストプリファード、またはユナイテッド航空のプレミアゴールドは、2021年3月31日までプラチナメダリオンステータスを受け取ります。

ラチナメダリオンステータスを延長できます。

2021年3月31日以前に4回の対象となる往復フライトまたは8回の対象となる片道フライトを完了したした場合はステータスを維持します。

フライトが2回の往復または4回の片道フライトのみを完了した場合ゴールドメダリオンステータスを獲得します。

ダイヤモンドメダリオン

アラスカ航空MVPゴールド75K、アメリカン航空エグゼクティブプラチナ、アメリカン航空プラチナプロ、アメリカン航空コンシェルジュキー、ユナイテッド航空プレミアプラチナ、ユナイテッド航空プレミア1K、またはユナイテッド航空グローバルサービスの会員は3月までダイヤモンドメダリオンステータスが付与されます。

2021年3月31日以前に6回の対象となる往復フライトまたは12回の対象となる片道フライトを完了すると、2022年1月31日に終了する2021年度のダイヤモンドメダリオンステータスを維持することができます。

2021年3月31日までに2回の対象となる往復フライトまたは4回の片道フライトを完了すると、2021年のメダリオンイヤーを通じてゴールドメダリオンステータスを獲得できます。

2021年3月31日までに対象となる往復フライトを4回、または片道フライトを8回しか完了しなかった場合、プラチナメダリオンステータスを獲得できます。

 

フライトの達成基準

ある一定のフライト基準を達成すると2022年1月31日までそれを維持することができます。

  • ゴールドメダリオンステータスを取得した場合:対象となる往復2回または片道4回飛行
  • プラチナメダリオンステータスを取得した場合:対象となる往復4回または片道8回飛行
  • ダイヤモンドメダリオンステータスを取得した場合:対象となる往復6回または片道12回飛行

 

まとめ

今回のステータスマッチキャンペーンに関しては国などの対象は無いようです。

しかし、ステータスマッチ後のフライト基準をクリアすることは国際線では現状難しいので、実際にはアメリカの会員向けのステータスマッチになりそうです。

キャンペーンの規定を見ると対象となるフライトは国際線や国内線の区別はなさそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です