スポンサードリンク

ジェットスター・ジャパンが路線の運休など新型コロナウィルスへの対応

ジェットスター 国内全24路線 片道¥39円~ スーパースターセール

ジェットスター・ジャパンが一部路線の運休や新型コロナウィルスに対する対応を更新しました。

運休に関しては2月はほとんどの路線が運休もしくは1日に1便だけになっています。

 

ジェットスター・ジャパンが路線の運休など新型コロナウィルスへの対応

 

人気のある路線成田空港〜新千歳空港、成田空港〜関西空港などに関しても、ほとんどの時間帯が運休になっています。

 

以下はジェットスター・ジャパンのホームページから

■各種対応
各国の入国制限、機内客室の消毒、客室乗務員や地上係員など、当社の対応状況をご案内いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

■購入済み航空券の特別対応について

ジェットスター・ジャパン運航便のご予約をお持ちのお客様におきまして、ご予約便の運航の有無にかかわらず、以下特別対応を行います。詳しくは、こちらをご覧ください。

  1. ご予約の購入金額相当のバウチャーの発行、または
  2. 変更手数料および運賃差額を免除の上、ジェットスター・ジャパンが運航する同一区間便への振替

■運休・減便について

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、運休・減便を行っている路線・運航便がございます。運航スケジュールおよびお客様対応方法などに関する詳細は、こちら(国内線 UPDATED/ 国際線)をご覧ください。

 

これを見ると、航空会社は非常に厳しい状況がわかります。

日本は独立系のLCCはありませんので、他の国で資本の小さな航空会社と比較すると、まだましですがこの状態が続くと週刊誌などに掲載されているように航空会社の再編も現実味を帯びてきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です