スポンサードリンク

カタール航空の上級会員は2022年まで期間が延長になります。

カタール航空

カタール航空のステータスは現在ゴールド会員になっています。

カタール航空からメールが届きまして、昨年の実績が上級会員会員資格に達していない会員でも上級会員期間が延長になるようです。

カタール航空の年度は他の航空会社と違っていて毎年4月22日になります。

2021年4月22日までにゴールドティアを維持できない場合は、2021年まで延長になります。

2021年4月22日にゴールドティアを維持でいない場合でも、ティアステータスが自動的に延長され、2021年12月31日まで有効になります。

 

カタール航空の上級会員は2022年まで期間が延長になります。

 

カタール航空は新型コロナウィルスの対応として2021年4月30日より前に発行された航空券で、2021年12月31日までに搭乗するチケットの無制限の日付変更と無料払い戻しをすべての乗客に提供するしています。

今回の発表はカタール航空の新型コロナウィルスに対する追加対応になります。

これによって、カタール航空のマイレージ プリビレッジクラブの会員は、日にちを変更できる柔軟な予約を行う事ができます。

それに追加して上級会員の特典を昨年の搭乗実績がなくても2021年末まで維持することができます。

また、今回の期間延長は今後の新型コロナウィルスの状況によっては延長される可能性は大きいと思います。

 

ハマド国際空港のアル・ムルジャン ビジネスラウンジ

アル・ムルジャン ビジネスラウンジ5
こちらは逆方向からの撮影になります。
正面の中2階にあるのがメインダイニングになります。
この中2階にはエレベーターか階段で行くことが出来ます。
アル・ムルジャン ビジネスラウンジ3
階段を上がるとメインダイニング
アル・ムルジャン ビジネスラウンジ2

 

まとめ

カタール航空は昨年、新型コロナウィルスが発生指定から上級会員の期間延長を発表した最初の航空会社になります。

カタール航空は機内の設備や食事の質の高さ、ハマド国際空港のラウンジの豪華さなど世界でもトップクラスの航空会社のひとつになります。

今回の期間延長はカタール航空の上級会員期間の設定(毎年4月22日に更新)で考えると年末までと中途半端な印象ですが、随時更新していくと思います。

今はヨーロッパに行くことはないので、2年ほどカタール航空には搭乗していませんが、たぶんまたヨーロッパに行く場合には利用する航空会社になると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です