スポンサードリンク

キャセイパシフィック航空はビジネスクラス以上でマスク着用を緩和

キャセイパシフィック航空

香港のフラッグキャリアであるキャセイパシフィック航空は、ビジネスクラスおよびファーストクラスの乗客のマスク着用を緩和すると発表しました。

キャセイパシフィック航空は乗客がビジネスクラスまたはファーストクラスで横になっているときにマスク着用を免除することを発表しました。

キャセイパシフィック航空では、ファーストクラスとビジネスクラスの座席は仕切りがあり、座席の間隔は広く、睡眠のために横になっている時にマスク着用は免除されるようです。

通常ではファーストクラスまたはビジネスクラスでも座席が水平になっているとき以外は基本マスクを着用する必要があります。

今回のマスク免除は、シートがフラットモードの場合にのみ適用されます。

新型コロナウィルスの影響が広がった2020年5月以降、キャセイパシフィック航空は飛行中のマスク着用をスタンダートにしました

2歳以上のすべての搭乗者は、どのキャビンに搭乗しているかに関係なく、飲食しない限りマスクを着用する必要があります。

すべての乗客は、チェックイン中、キャセイラウンジ、搭乗中、および空港スタッフまたは客室乗務員の指示がある場合はマスクを着用する必要があります。

これは、他の航空会社にも当てはまります。

ほとんどの航空会社は、すべてのキャビンのすべての乗客にマスクに関する厳格な規則を義務付けています。

特にアメリカでは新大統領の、ジョー・バイデン大統領が2月2日の時点で、飛行機、電車、バス、タクシー、ライドシェアですべての乗客にフェイスマスクを着用することを義務付ける新しい法令を実施しました。

世界的に飛行機に搭乗する際はマスクを常に着用することを求められていますが、今回のキャセイパシフィック航空の施策で新型コロナウィルスの感染リスクがないと証明された場合は、各航空会社も限定された内容になりますがマスク緩和を導入することになりそうです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です