スポンサードリンク

シンガポールは、2021年10月18日より、ワクチン接種済みのテスト要件を緩和します。

シンガポール航空

シンガポールは、9月8日にドイツとブルネイからの旅行者向けにVaccinated Traveler Lave(VTL)を立ち上げました。

その後、2021年10月18日にカナダ、デンマーク、フランス、イタリア、オランダ、スペイン、英国、米国からの旅行者向けにこの施設を拡張しています。

韓国は11月15日に参加します。

日本はまだ対象にはなっていませんが、今の感染状況と韓国の感染者が増加している現状でリストに追加されることを考えると、それほど時間をかけず同じ状況になりそうです。

 

今回の緩和で

シンガポールはまた、シンガポールに行く旅行者が支払わなければならない検査の数を4つから2つに減らします。

その結果、訪問者は空港で実施された検査が到着するまで宿泊場所で待つだけでよく、その後は自由に行動することができます。

VTLに関するシンガポールのページはこちらから、シンガポール航空はこちらからアクセスできます。

検疫なしでシンガポールに入国する資格を得るには、乗客はVTLとして指定された特定のフライトでシンガポールに入国する必要があることに注意してください。

 

まとめ

シンガポールに限らず新型コロナウイルスに関してワクチン接種を完了した人への検疫機関の緩和やテストの免除など、徐々に国際旅行をする環境が整ってきました。

日本の感染者も減少しているので、ヨーロッパを始め日本に対して規制を強化していた国々も緩和すると思います。

シンガポールの入国に関して

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です