スポンサードリンク

アビアンカ-タカ航空とコパ航空がスターアライアンスに加盟します

南アメリカの航空会社であるアビアンカ-タカ航空とコパ航空の2社が、スターアライアンスに加盟することが決定しました。
これで今までネットワークが弱かった南アメリカでスターアライアンスは、中央アメリカ、カリブ海、南アメリカのネットワークを拡大することが出来ます。
アビアンカ-タカ航空、コパ航空スターアライアンス加盟決定
アビアンカ-タカ航空およびコパ航空スターアライアンスへの加盟が決定
【コパ航空のハブ空港】
パナマ・シティー(パナマ)とボゴタ(コロンビア首都)
【アビアンカ-タカ航空のハブ空港】
ボゴタ(コロンビア首都)、サンサルバドル(エルサルバドル首都)、リマ(ペルー首都)、サンノゼ(コスタリカ)
アビアンカ-タカ航空とコパ航空は、46の新たな就航地をスター アライアンスにもたらします。2社の正式加盟後、スター アライアンスのネットワークは31航空会社による世界188カ国、1,292就航地へ毎日22,500便の運航へと拡大いたします。
アビアンカ-タカ航空は150機を保有し、100以上の就航地に運航しています。
従業員数は約12,000名、マイレージプログラムの会員数は約300万人を有しています。
アビアンカ航空とタカ航空は2009年10月に企業合併を合意しております。
タカ航空は2008年にスター アライアンスへの加盟意向を表明しています。
 コパ航空は25カ国52就航地に運航し、近年、社名をエアロ・リパブリカからコパ航空に変更しています。
コパ航空のハブ空港であるトキュメン国際空港(パナマシティー)は、ラテンアメリカのトップレベルのハブ空港でもあります。
コパ航空は、2009年10月にスカイチームを脱退しました。
コンチネンタル、TAM航空に続き、これらの2社の加盟で、北米~中米~南米のネットワークが、かなり強化されます。
アビアンカ-タカ航空について
アビアンカ-タカ航空は、ラテンアメリカを代表する民間航空会社であり、米国や欧州など100以上の就航地に運航しています。
アビアンカ航空とタカ航空の合併後の売上規模は、年間30億ドル。複数のハブ空港をボゴタ(コロンビア首都)、サンサルバドル(エルサルバドル首都)、リマ(ペルー首都)、サンノゼ(コスタリカ)に有しています。
更に詳しい情報は、www.taca.com or www.avianca.comをご参照ください。
コパ・ホールディングスについて
コパ航空とコパ航空コロンビア(元エアロ・リパブリカ)の持ち株会社であるコパ・ホールディングスは、ラテンアメリカを代表する民間航空会社であり、旅客事業と貨物事業を展開しています。
25カ国52就航地に毎日160便以上運航し、トキュメン国際空港(パナマシティー)をハブ空港としています。
ANA AMEX GOLD 最大30,000マイル相当獲得可能【5つの特典キャンペーン実施中】
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANA AMEX 最大18,000マイル相当獲得可能【5つの特典キャンペーン実施中】
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です