マリオットBonvoyの完全ガイド - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

マリオットBonvoyの完全ガイド

マリオットBonvoyは、以前のマリオットリワード、リッツカールトンリワード、およびスターウッドプリファードゲストSPGプログラムを統合した6,700を超えるホテルを擁する世界最大のホテルロイヤルティプログラムです。

多くのプログラム内容はマリオットリワードを反映しています。

しかし、スターウッドプリファードゲストの人気の高い上級会員の特典や数十の航空会社のロイヤルティプログラムへのお得なポイント移行などを採用しています。

統合後は紆余曲折がありましたが、落ち着いて来ましたのでプログラム内容を整理したいと思います。

1マリオットリワードの内容

獲得ポイント

一般的に、マリオットの31のブランドのうち25のホテルブランドで、1ドルあたり10ベースポイントを獲得することができます。

3つのホテルブランドは1ドルあたりわずか5ポイントを獲得します。

これらは、レジデンス・イン(Residence Inn)、タウンプレース・スイート(Towneplace Suites)、およびエレメント(Element)になります。

2つのホテルブランドは1ドルあたりわずか2.5ポイントを獲得します。

これらはマリオットエグゼクティブアパートメンツとエグゼクステイ(ExecuStay)になります。

獲得ポイントが少ないホテルブランドは日本にはありませんので、1ドルあたり10ベースポイントと考えて良いかと思います。

獲得するポイントの合計数は、エリートステータス、プロモーションボーナス、そしてクレジットカードを利用した時のボーナスポイントによって増加されます。

シルバーエリート会員は10%のボーナス(合計11ポイント/ドル)、

ゴールドエリート会員は25%のボーナス(合計12.5ポイント)、

プラチナエリート会員は50%のボーナス(合計15ポイント/ドル)、

チタンエリート会員とアンバサダーエリート会員は75%のボーナス(1ドルあたり17.5ポイント)。

最後に、マリオットBonvoyには、アメリカンエキスプレスとの提携で発行されたSPGアメックスクレジットカードがあります。

これについては、後で詳しく説明します。


ポイントの交換

多くのポイント交換の内容を提供していますのでマリオットBonvoyは、人気のあるプログラムです。

今年中に内容が変わっていきますので流動的になります。

特典宿泊(ポイントアワード)

マリオットBonvoyでは新しくカテゴリー8が導入されました。

2019年3月から実際に予約することができます。

それ以前は、カテゴリー7のポイントでこれらのホテルを予約することができましたが、すでに変更になっています。

マリオットBonvoyはまた、「2019年初頭」に予約する日によってポイント数が変動するピークチャートとオフピークチャートをアワードチャートに追加する予定です。

それまでは、すべてのホテルをスタンダートのポイント数で予約し続けることができます。

ピークチャートとオフピークチャーが導入された後はスタンダードと合わせて3つのポイント数に分かれます。


1マリオットBonvoyの完全ガイド


PointSaversアワード

PointsSavers特典は通常の無料宿泊特典からわずかですが割引されます。

ホテルのカテゴリーに応じて、1泊あたり1,000〜10,000ポイントが節約可能です。

ただし、PointSaversアワードは一部のホテルでは特定の日程でのみ利用することが出来ます。

どのホテルがこのプログラムに参加しているかについてもっと知るためにMarriott PointSaversページをチェックしてください。

1マリオットBonvoyの完全ガイド1


キャッシュ&ポイント

キャッシュ&ポイントアワードでは、現金(クレジットカード)とポイントを組み合わせて特典宿泊を予約することができます。

ポイントの部分は通常の無料宿泊特典の半分ですが、キャッシュ&ポイントのアワードには現金部分が常に同じになります。

これはが考えるとポイントを購入しているのと同じ内容になり、その現金部分が無料宿泊のポイント数と比較してコスト的に合っているかが問題になります。

一部のホテルではキャッシュ&ポイントアワードは正しい選択かもしれませんが、大部分のホテルでは利用するメリットは少ないように思います。

1マリオットBonvoyの完全ガイド2


キャッシュ&ポイント特典は、無料宿泊特典と同じスタンダード、ピーク、オフピークの3つに分かれる予定です。

ただし、キャッシュ&ポイントアワードでは、通常の無料宿泊アワードよりも用意される部屋数が少ない事があります。

5泊目無料

古いマリオットリワードおよびスターウッドプリファードゲストプログラムの場合と同様に、5泊以上の滞在を予約した場合は、5泊目の無料宿泊が可能です。

これは事実上20%の割引になります。

10泊予約すると2泊分無料になります。

ただし、5泊目の無料宿泊はキャッシュ&ポイント特典には適用されません。


アカウントに十分なポイントがない場合でも、特典を利用してホテルを予約することができます。

空室状況が限られているホテルで夜を確保しようとしている場合、これは有利です。予約中にこの機能を使用するためのオプションを選択する必要があります(アカウントに十分なポイントがある場合でも使用できます)。マリオットはあなたのために滞在を予約し、IOUを発行します。


ただし、滞在に必要なポイントを獲得したら、後で予約を再確認する必要があります。予約を「表示/変更」して残高をアカウントから差し引くオプションを選択します。予約のキャンセルを避けるため、チェックイン日の14日前までにご予約ください。

マリオットクレジットカード

アメリカンエキスプレスによって発行されたマリオットクレジットカードがあります。

このクレジットカードは厳密に言うとスターウッド プリファード ゲスト(SPG)アメリカンエキスプレスカードになり、新しいMarriott Bonvoyのブランドに合わせて名前が変更されていません。

スターウッド プリファード ゲスト(SPG)アメリカンエキスプレスカードの利点はいくつかあります。

上級会員になるために必要なエリートナイトが5泊分もらえます。

通常の会員よりもクレジットを提供されているため、より高いエリートティアを獲得するのが容易になります。





アメリカンエキスプレスのスターウッドプリファードゲストカードです。

このクレジットカードは年会費が年会費31,000円+消費税/家族カード15,500円+消費税で、マリオットホテルなどで1ドルあたり6Xポイントを獲得できます。

一見すると年会費は高いようにも思います。

高い料金の主な理由は、毎年、最大50,000ポイントの無料宿泊が出来る特典が有り、ホテルにも寄りますが50,000ポイントはカテゴリー6のスタンダートのポイント数になり、効率的に使用すると年会費以上の宿泊代の節約になります。

そしてクレジットカードを保有している限り、マリオットBonvoyの上級会員であるゴールド会員になることが出来ます。

昨年の統合までと比較してゴールド会員の特典は縮小されています。

しかし、専用カウンターでのチェックインやボーナスポイントなどの特典以外にも項目に掲載されない特典やサービスを受けることがあります。


アメリカンエキスプレスのスターウッドプリファードゲストカードに関して詳しくはこちらをご覧ください。


スターウッドプリファードゲストアメリカンエキスプレスカード


マリオット Bonvoyエリートステータス特典

マリオットBonvoyには、シルバーエリート、ゴールドエリート、プラチナエリート、チタンエリート、アンバサダーエリートの5つのエリート層があります。

エリートステータスを獲得する唯一の方法は、エリートナイトを獲得することです。

エリートナイトには、有料とアワードの両方の滞在が含まれますが、エクスペディアやJTBなどの旅行代理店を通じて予約された滞在は対象外になります。

マリオット Bonvoyの特典はかなり不安定というかホテルまたはホテルブランドによって違います。

もちろんマリオット Bonvoyでは、多くの特典が保証されています。

これはホテルプログラムでは一般的な内容になります。

上級会員のレベルによってはホテルの采配にはよりますが、スイートを含むアップグレードの対象になります。

ただし、統合以来様々なホテルブランドを利用した実感としてマリオット系列でのアップグレードはスイートルームまでのアップグレードは少なく、スターウッド系列のスイートルームを含めるアップグレードは多いと感じます。

前からその傾向はありましたが、SPGとの合併以来の混乱でさらに悪化している様に感じます。


メンバー(0〜9泊)

無料の基本的なWiFi
割引会員料金

シルバーエリート(10〜24泊)

上記の特典すべて、さらに…
10%のボーナスポイント
最大200ドルまでの補償付き予約保証
可能な場合はレイトチェックアウト

ゴールドエリート(25〜49泊)

上記の特典すべて、さらに…
25%のボーナスポイント
チェックイン時のボーナスポイント
空室状況に応じたアップグレード
無料のプレミアムWiFi
午後2時レイトチェックアウト

プラチナエリート(50〜74泊)

上記の特典すべて、さらに…
50%のボーナスポイント
チェックイン時のボーナスポイントまたはその他のアメニティ
スイートを含む、空室状況に応じてアップグレード
ラウンジへのアクセス
午後4時レイトチェックアウト

チタンエリート(75〜99泊)

上記の特典すべて、さらに…
75%のボーナスポイント
48時間の部屋保証

アンバサダーエリート(100泊以上)

上記の特典すべて、さらに…
あなたの予約を管理するのを助けるために専用のコンシェルジュサービス
Your24で時間にかかわらずチェックインから24時間のホテル利用(チェックアウトの時間を選択)

無料の朝食は、ほとんどのホテルでプラチナ、チタン、そしてアンバサダーエリート会員に提供されています。

ラウンジがある場合にはラウンジでの朝食になり、ラウンジがない場合にはレストランでの朝食になります。

ホテルでの滞在が多い場合に朝食にサービスがあることは、非常にメリットがある特典になります。

ただし、デザインホテル、エディション、ゲイロード、ザリッツ - カールトン、マリオットエグゼクティブアパートメンツ、マリオットバケーションクラブはいずれも朝食も提供されていません。

そして、フォーポイントバイシェラトンなどのホテルブランドではウィルカムアメニティーとしてポイントや飲み物などと選択で朝食を提供しています。

宿泊数による特典

プラチナ、チタン、アンバサダーエリートの各メンバーには、50または75の宿泊が達成された時点で特典が提供されます。

50または75泊別々に5つのスイートナイトアワードまたは他のさまざまなギフトの特典から選ぶことが出来ます。

過去のギフトには、上級会員になるためのクレジット、他の人にエリート会員を贈与、無料宿泊特典、またはホテルで使用されているベッドの購入の際の割引がありました。

リワードプラス

マリオットBonvoyはユナイテッドのマイレージプラスとパートナーシップを提携したリワードプラスのプログラムがあります。

いずれかのプログラムの会員のアカウントをリンクを行い、お互いののエリートステータスやその他の特典を受け取ることができます。

マリオット側のメリットはユナイテッドマイレージプラスにマリオットのポイントを移行する際に10%のボーナスマイル付きで移行できます。

チタンエリートとアンバサダーエリート会員はユナイテッド航空のマイレージプラスでシルバー会員になれます。

ユナイテッド航空のマイレージプラスでシルバー会員には預け入れ手荷物の優待や、チェックイン時にエコノミープラス(若干エコノミークラスと比較して座席の間隔が広い)シートへの無料アサインなど、基本的な特典がいくつか含まれています。


ライフタイムエリートステータス

宿泊回数を重ねることによって一生上級会員のままになれるライフタイムエリートステータス。

マリオット Bonvoyでは下位3層(シルバー、ゴールド、プラチナ)になるためのライフタイムエリートステータスを獲得できますが、上位2層(チタンとアンバサダー)ではライフタイムエリートステータスを獲得することはできません。

ライフタイムエリートステータスの条件には、宿泊回数と上級会員に年数が要件になり、両方をクリアする必要があります。

ライフタイムシルバーエリート:生涯250泊5年シルバーエリートステータス以上

ライフタイムゴールドエリート:生涯400泊7年間ゴールドエリートステータス以上

ライフタイムプラチナエリート:生涯600泊10年以上プラチナエリートステータス以上

ライフタイムのチタンまたはアンバサダーエリートの地位を得ることができないので、ライフタイムのプラチナエリートのメンバーで75%のボーナスポイント、専用コンシェルジュ、ザ・リッツカールトンでのアップグレード、およびYour24チェックイン/チェックのような特典は利用する事は出来ません。

ライフタイムプラチナエリート会員も、その年に50回のエリートナイトを実際に完了しない限り、年間の宿泊数に関する特典を受けることはできません。


ポイントを移行する

アカウントで保有しているポイントは他のマリオットBonvoyの会員のアカウント、または航空会社のマイルプログラムにポイントを移行するためには、いくつかの方法があります。

その結果、通常の航空会社提携のクレジットカード以上にマイルをためることも可能で、その為に最も人気のあるプログラム特典のひとつであり、クレジットカードでマリオットポイントを獲得するメリットにもなっています。

航空会社のマイルプログラムへのポイントの移行

かつてのマリオットリワードとスターウッドプリファードゲストは、ホテルのポイントをさまざまな航空会社のロイヤルティプログラムに移行する方法として人気があったため、この機能がマリオットBonvoyで継続されていたのは当然のことです。

マリオットと提携している40以上の航空会社のプログラムとポイントは3対1の比率で移動します。

しかも、一度に60,000マリオットポイントを移行すると、25%のボーナスマイルがもらえます。

これは、6万マリオットポイントが、ほとんどのプログラムで25,000航空マイルになることになります。

可能な限り、常に60,000ポイントのポイントを移行することが最もお得になります。

リワードプラスのパートナーシッププログラムによって、ユナイテッド航空のマイレージプラスにポイント移行すると、さらに10%のボーナスを受け取ることになります。

これは、60,000マリオットポイントが27,500ユナイテッドマイルになります。

転送には年間上限はありません。

ホテルの特典交換で十分な価値が得られる場合には、航空会社へのポイント移行に関して魅力を感じないかもしれません。

しかし、マリオットが統合されてからポイントの価値が下がっています。

今の状態であれば、航空会社のマイルにホテルのポイント移行することはお得な使い方になります。

ポイントを移動するつもりなら、他の多くのホテルロイヤルティプログラムではなく、マリオットのBonvoyを使用することをお勧めします。

マリオットには多数のパートナーと比較的良好な移行レートがあります。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ






関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://card-areiz.com/tb.php/4677-a165ecbf