ファーストクラスを運行している航空会社とマイルの利用 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

ファーストクラスを運行している航空会社とマイルの利用

昨日はファーストクラスを廃止、もしくは縮小している航空会社が多くなり、将来的には一部の航空会社を除いてファーストクラスが無くなるのではと言う内容を記載しました。

しかし、現状ではファーストクラスを運営している航空会社は、まだまだあります。

今回は地域別のファーストクラスを運行している航空会社とマイルを使って予約する際にお得な使い方を記載します。


1106555316_84ebc1ca46_z.jpg

まだファーストクラスを運営している航空会社

とは言っても、確かにビジネスクラスと比較するとファーストクラスでの体験は格別なものがあります。

ユナイテッド航空のグローバルファーストなどとは違ってJALやANAでは本当のファーストクラスを体験することができます。

ファーストクラスのフライトを予約しようとしているなら、まだたくさんの選択肢が残っています。

大韓航空とアシアナはファーストクラスをいろいろな理由で廃止しましたが、他のほとんどの航空会社は単に新しい航空機には設置しないことで対応しています。

これは、ファーストクラスを展開している747、777、およびA380の多くが、残りの耐用年数にわたってファーストクラスを提供し続けることを意味します。

アジア

アジアには、次のような長距離路線でファーストクラスを運航している航空会社が多数あります。

日本航空(JAL)
全日空(ANA)
エアチャイナ
エアインディア
キャセイパシフィック航空
中国東部航空
中国南部航空
ガルーダインドネシア航空
大韓航空
タイ国際航空
シンガポール航空

それぞれの航空会社で必要マイル数は違いますが、JALやANAのマイル以外では航空会社と正確な目的地によりますが、キャセイパシフィック航空または日本航空でアジアからアメリカへのファーストクラスはそれぞれ片道70,000-75000マイルのアラスカ航空がお得です。

日本~アメリカまでのANAファーストクラスを 110,000-120,000 バージンアトランティックマイルで予約することができます。

これはJALやANAに直接予約するよりもお得なマイル数です。

アメリカ

真のファーストクラスを提供する北米で唯一の航空会社は、777-300ER航空機に搭載されているアメリカン航空、および大陸横断便を運航するエアバスA321です。

ニューヨーク-JFK、ロサンゼルス(LAX)、マイアミ(MIA)などからヨーロッパ、アジア、南アメリカへ777が飛んでいます。

東京からロサンゼルスまでは、8万AAdvantageマイルまたはエティハド航空で62,500 Etihad Guestマイルで行くことができます。




中東

エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空はいわゆるミドルイースタンスリー(略してME3)を構成していますが、それでも全員がファーストクラスを運営しています。

エミレーツの新しい777-300ER は最前列に最新の豪華なファーストクラスキャビンを備えています。

この座席をマイルを使って予約することは非常に難しく、最後の最後に開放されるようです。

えみれーつこうくうお代名詞になっている多数のA380は、すべてファーストクラスを設置しています。

記事などでよく紹介されるシャワー室を備えたファーストクラスでとドアを完全に閉めることができるファーストクラスの代表格のような金を散りばめたキャビンを特徴とします。

しかし、エミレーツは昨年既存の777-200LRを新しいビジネスクラスの座席に改装し、その過程でファーストクラスを削除したため、エミレーツでさえトレンドに影響を受けています。

エティハド航空とカタール航空はどちらも一部の航空機でファーストクラスを運航しています。

残念ながら日本発着便ではファーストクラスを運行していないので、アブダビやドーハから乗り継いで利用することになります。

そう考えるとアメリカに行かない限り、ヨーロッパでは6時間前後のフライトになります。

エティハド航空のファーストクラスはのアパートは最も広々としたファーストクラスの座席になります。

エティハド航空はアメリカン航空のマイレージAAdvantageでマイルを使用するときに以上にお得な使い方になります。

AA.comでも予約可能です。

カタール航空のファーストクラスは中東3社の中では、最も特色のないファーストクラスになります。

カタール航空がQSuiteで提供する豪華なビジネスクラスをメインに考えているとしたら、これは理にかなっています。

ヨーロッパ

ヨーロッパの航空会社でファーストクラスを運行している航空会社ははたくさんありますが、燃料追加料金、必要マイル数、およびその他の予約制限により、比較的短いフライトではこれが大きな問題になります。


エアフランス
ブリティッシュエアウェイズ
ルフトハンザ航空
スイス・インターナショナル

ルフトハンザ航空のファーストクラスはマイルを使用して利用可能です。

その他、スターアライアンスの加盟航空会社を通じてファーストクラスを予約することができますが出発の15日以内は対応できません。

その他の航空会社もファーストクラスの特典航空券に必要なマイル数は非常に高く、現実的ではないと思います。

オーストラリア

カンタス航空は、日本からオーストラリアに運行はしていますがファーストクラスは展開していません。

もし、カンタス航空のファーストクラスを考えている場合はオーストラリアとアメリカ間を運行しているA380に搭乗する必要があります。



国際線のファーストクラスは、搭乗することができたら思い出に残る飛行経験になることができます。

そしてファーストクラスが多くの航空会社で廃止していくのは時代の流れに沿っているのかもしれません。

その分、ビジネスクラスが今まで想像していたよりも設備や食事、サービスなど優れていることです。

今までのエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの3キャビンレイアウトからエコノミークラス、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスにシフトされています。

ファーストクラスがなくなって大規模なビジネスクラスのスペースが取れれば、特典航空券に利用できる座席数が増えます。



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://card-areiz.com/tb.php/4735-71a599b1