スポンサードリンク

ANA 燃料サーチャージを値上げ 2022年8月1日から2022年9月30日購入分まで

ANA LOGO

ANAが燃料サーチャージを値上げします。

金額は今までで最も高くなります。

燃料サーチャージは原油価格に応じて決定されますが、ちょうど2年前の6月にはANAもJALも燃料サーチャージを徴収しないほど原油価格は低価格でした。

それから2年で最高値の燃料サーチャージになりました。

2022年6月1日から2022年7月31日ご購入分までの燃料サーチャージ

 

路線 日本円
日本=欧州・北米(ハワイ除く)*4・中東・オセアニア 37,400
日本=ハワイ・インド・インドネシア 23,800
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 20,400
日本=ベトナム・グアム・フィリピン 12,500
日本=東アジア(韓国を除く) 11,400
日本=韓国・ロシア(ウラジオストク) 4,100

 

変更になる2022年8月1日から2022年9月30日購入分までの燃料サーチャージ

 

路線 日本円
日本=欧州・北米(ハワイ除く)*4・中東・オセアニア 49,000
日本=ハワイ・インド・インドネシア 31,100
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 25,800
日本=ベトナム・グアム・フィリピン 16,000
日本=東アジア(韓国を除く) 15,100
日本=韓国・ロシア(ウラジオストク) 5,600

 

今でもアメリカやヨーロッパに行く場合に燃料サーチャージや税金分を含めて往復で85,000円程度にはなりますので、変更後は110,000円程度になります。

まとめ

為替の変動を考えても30%程度の値上げは予想できる範囲になります。

ガソリン代も、今政府で行われている補助がなければリッター210円を超えると言われています。

アメリカでもリッター50円くらいの価格でしたが、今では3倍くらいになっています。

ANAに引き続きJALも同じく燃料サーチャージを引き上げると思います。

こうなると燃料サーチャージの高値は続くと考えられるので、マイルの積算先や移行先を燃料サーチャージの必要ないアメリカ系の航空会社かシンガポール航空などにした方が良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。